「敷金0」のカラクリを確認!


困る
保証金を預かっておかなかったら、大家さんも安心して部屋を貸せませんね

最初に話したとおり、敷金は保証金の意味合いがありますので、もしこれが「0」だったらどうなるのでしょうか?大家さんは、知らない人を信用して自分の部屋を貸しますが、突然その人がいなくなってしまったら?誰が家賃を払ってくれるか、心配になってしまいます。ですから、礼金0とは違い、敷金0というのは、大家さんにとって家賃の取立て不能リスクが増大することになります。。

とはいえ、探せば「敷金0」の物件はあります。それはどういうものなのでしょう?

「敷金0」、その代わり定額支払う


礼金0、敷金0を実施している賃貸会社はここのところ増えてきました。が、詳しく調べてみると、ほぼ「敷金は0だが、部屋の修理代やクリーニング代はかかる」ことになっています。この修理代・クリーニング代がいくらなのか、最初から定額で決まっているものもあれば、その時の状況に応じて決まるものもあります。

「敷金0」の場合には、入居するときの初期費用は抑えることができますが、修理代やクリーニング代がどうなっているのかを必ず確認しておきましょう。入居するときに支払っておけば、退去するときにはお金はかからないのか、また入居中にどんなトラブルが起こったら追加で請求されるのか。ここのところを明確にしておかないと、結局敷金トラブルを招くことにもなりかねません。



さらにお得な物件を探すなら、「仲介料0」「更新料0」「更新手数料0」などさまざまな「○○ゼロ」があります。更新料については今、さまざまな見解があります。そのことについてはまた。

【関連サイト】
・賃貸のなぜなに?が分かる「豆」知識講座~その1 「礼金」に迫る!
・住んでる地域でこんなに違う! 礼金・敷金の慣習