「ゼロゼロ物件」――礼金0敷金0で借りられる物件のこと

「ゼロゼロ物件」トラブルが起きている


最近、東京都内でトラブルになっている「ゼロゼロ物件」の被害。訴訟になっているケースもありマスコミでも取り上げられています。

鍵
被害者の中には何度も鍵交換されてしまった人も。突然、無断で部屋に入ってくるケースもある(写真は本文とは関係ありません)

「礼金0敷金0仲介手数料0、連帯保証人なし」で契約できるという宣伝文句を見て部屋を借りたけれど、1日でも家賃の支払いが遅れると、鍵を交換されていて中に入れなくなっていたりするという苦情が出ています。
再度、自分の部屋に入るためには新しい鍵をもらわなければなりません。そのためには、かなり高額な違約金や鍵交換費用を支払わなければならないのです。


通常の賃貸物件は、初期費用には家賃6ヵ月分相当必要。家賃が6万円なら、最初に40万円近くの出費になってしまいます。でも、家を必要としている人がすべてその金額を用意できる訳ではありません。また、保証人を頼める人がいなかったり、安定した収入が得られない職業や水商売系の仕事だと入居を断られるなど、賃貸住宅を借りるためには越えなければならないハードルがたくさんあります。

部屋が借りられなくて、インターネットカフェで寝泊まりする人が増えているようですが、一般の賃貸物件を借りるためのハードルを取り払って、どんな条件でも入居OK!という物件があったら、どうでしょうか。毎月の家賃が払えていけるなら、できれば自分の部屋が欲しいものだと思います。

ところが、実際「ゼロゼロ物件」を借りて住み、家賃の支払いが数日遅れると鍵交換されてしまい、自分の部屋に入ることができません。その鍵交換代などのペナルティ料を支払って新しい鍵をもらわないと部屋には入れないのです。場合によっては、室内の荷物をすべて運び出されてしまっていたり、就寝中に無断で部屋に入ってくることもあるよう。

トラブルの被害者たちは、自分の荷物を勝手に処分されたことや住居へ無断で侵入したことへの損害賠償請求などを東京地裁に提訴しています。

>>>なぜトラブルになってしまっているのか?