部屋を借りる時、もっとも決め手となるポイントは家賃。高い家賃を払えばいいところに住めるけれども、そんな余裕がはたして自分にあるのかどうか・・・。悩むところです。

「家賃は月収の3分の1」は本当?



「家賃の目安は月収の3分の1が目安」とよく耳にします。とはいうものの、この「月収」がいくらなのか、また「家賃」には何が含まれているのか、によって、この「3分の1」とい数字は大きく異なってきます。

月収と家賃額との関係(※家賃が月収の3分の1の場合)
月収 12万円15万円18万円 21万円 24万円30万円
家賃4万円5万円6万円7万円8万円10万円


あたり前ですが、月収が多ければ3分の1を家賃に充てても残金も多いため生活には困りませんが、月収が少ないと3分の1を家賃に充てると残金が少なくなり、毎日の生活が困ってしまいます。
月収が少ない場合、できるだけ家賃を抑えるためには、家賃の低いエリアを選んだり、小さなタイプの部屋を借りたりすることを考えること。

ちなみに、不動産ポータルサイト「HOME’S」によると、東京都23区内の平均賃料は以下のよう。

【東京都・人気エリアの平均賃料(単位:万円)】

ワンルーム1K・1DK1LDK・2K・2DK
世田谷区7.088.1313.03
杉並区
6.547.6911.72
目黒区8.889.4616.16
大田区7.117.9311.16
中央区9.959.9216.08
新宿区8.229.0014.56
文京区7.868.6713.73
台東区8.159.1612.46
練馬区6.317.199.90
江東区8.008.5212.09
渋谷区9.6410.5419.49
港区11.9611.3220.21
品川区8.208.6714.63



人気の世田谷区で部屋を借りようと思ったら、ワンルームなら約7万円、1K・1DKなら約8万円が必要。家賃が月収の3分の1ならば、この場合、月収は21万円~24万円程度は欲しいところ。

厚生労働省の統計によると、大学卒の初任給は19万5800円出典:厚生労働省 平成19年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況。単純計算すれば、家賃は約6万5000円の部屋が借りられることになります。でも、実際にはこの初任給から税金などが引かれるため、実際1ヵ月間に使えるお金はもう少し少なくなりますから、「月収の3分の1」ならば、家賃は6万円以内になるでしょう。

>>>ここでさらに注意が・・・