パソコンストレッチ
オフィスで疲れを簡単リセット
「どうして毎日、疲れ目・肩こり・むくみに悩まされなくてはならないのだろう?」とお考えのオフィス勤めの方。その一因は、あまりにも固まった姿勢でパソコンワークなどを続けるために、体の代謝が悪くなり各部位にコリが発生しやすくなることが考えられます。

それを防ぐためには、やはり仕事の合間に定期的に体をほぐす必要があります。そこで、短時間にできて効果的なストレッチのノウハウを知りたいものですね。

オフィスでたった1分!が効く

ぼうっとしていたら、すぐに過ぎ去ってしまう1分という時間。でもそれをストレッチに費やすことでコリをスッキリさせて、疲労感をためないこともできるのです。その仕組みを解説しますね。

たとえばジョギングをするとしましょう。あなたは全身の筋肉を使い走りますが、それに伴って必要な酸素や栄養素は、すべらかな血液の流れのなかから供給されます。しかし、パソコンワークのように、あまり動作の少ない作業の場合はどうなのでしょうか。

動きがないから筋肉を使っていない、ということはありません。あなたの座った姿勢の保持、タイピング動作、視線の動きなど、やはり各部位の筋肉はある程度の緊張状態にあるのです。その筋肉の疲労に対して、代謝が落ちて血液の流れが鈍くなっていることで酸素や栄養素の供給が足りなくなると、コリが発生しやすくなるのです。そこで、ちょっとしたストレッチをはさんで代謝を定期的に活性化させることが大切なのです。


ピンポイントで効くストレッチ

「疲れ目をスッキリさせる」「肩コリをスッキリさせる」「腕をほぐして軽くする」「腰のコリをほぐす」など、体の各部位の疲れやコリをいやすためには、専門的な動きの設計が必要になります。

そこで、カイロプラクターの檜垣暁子さん(オールアバウト 肩こり・腰痛ガイド)、ピラティスとバレエを学んだ和田清香さん(オールアバウト 話題のダイエット情報ガイド)にも協力していただき、ピンポイントで効くストレッチをデザインしていただきました。

さて、目の健康ガイド、高林克枝の監修は、もちろん「疲れ目スッキリ」コース。

パソコンストレッチ
目の周りの血行促進に
1)目の周りのソフトなマッサージ

人差し指の間接の内側で、やさしく、上まぶたのくぼみに沿って目頭から目尻にむかってマッサージ。次は、下まぶたの目頭から目尻に向かってマッサージ。


ジャグジー
眼球の周りの筋肉ストレッチ
2)眼球ストレッチ

眼球を支える6本の筋肉のコリをほぐしましょう。軽く目を閉じ、大きく十字型に左右、上下、と眼球を動かします。次に、時計回り、逆の時計回りにできるだけ大きく眼球を動かします。


パソコンストレッチ
目の働きによいツボ刺激
3)目と目の間をマッサージ

人差し指と親指で鼻を軽くつまむようにして、両手の指で円を描くようにマッサージします。


すべてたった1分で、デスクまわりでできるストレッチですから、どんなオフィスでも活用できますね。



【目の健康 オススメ人気記事】
1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項