うつむき読みで電子書籍を楽しむコツ

電子書籍を、デスクに置いたり、ソファに座って太腿の上に置いて読んでいる方の場合、長時間のうつむき姿勢が、首のこりや肩こりを招くことが多いようです。

この姿勢での読書を続けると、首の生理的なカーブが失われ、「ストレートネック」と呼ばれる症状が出てくることもあります。首のこりを感じたときには、以下の解消ストレッチを取り入れるようにしましょう。

■首すじエクササイズ
  1. ゆっくりと、あごを上げながら頭部を後方に傾ける
  2. 精いっぱい後方に傾け、5秒保つ
  3. ゆっくりと、頭部をまっすぐに戻す
  4. 次は、ゆっくりと、左方向、そして右方向に頭部を傾ける

■首すじマッサージ
  1. 首の付け根から、両手の指の腹でゆっくり小さな円を描くように指圧する
  2. 両手の指の腹で、頸椎のわきを指圧していく
  3. 首の骨の脇をなぞるように、指の腹のあてる位置を降ろして指圧していく
  4. 肩の付け根まで降ろしたら、今度は、上方向に指圧する
center

指の腹で首を指圧


寝ころび読みで電子書籍を楽しむコツ

いつも電子書籍を、寝ころんで胸元や腹部に置きながら読んでいる方、腕や手首のコリや痛みを感じませんか。そのコリが原因で、電子書籍を読むのを中断したりすることはないですか。そこで、腕や手首のコリの解消ストレッチで腕をほぐして、また電子書籍を楽しんでみてください。

■下腕と手首をリラックス
  1. 右肘を曲げて、左手で軽くはさむ
  2. 右手首の力を抜いて、右腕をブラブラさせる
  3. 左手で、右腕のはさむ位置を変えながら軽く指圧していく
  4. 次に反対側をほぐす

center

ブラブラと腕の力を抜きます


■腕のほぐし
  1. 手のひらで軽くげんこつをつくり、少し内側に手首を曲げる
  2. そのまま、腕をねじるように回していく
  3. ゆっくりと内回し、外回しを繰り返す

     
center

ゆっくり腕をねじるように



目が疲れにくい文字サイズを選ぶ

また目の疲れに関しては、電子書籍は、文字サイズが変えられるのも大きなメリット。加齢とともに、小さめの文字は読みづらくなるもの。無理をして読み込み続けるのは、目に負担をかけ、眼精疲労をひきおこしたり、視力にも悪影響を与えかねません。自分にとって無理のない大きさの文字に調節しましょう。

こうして、快適な電子書籍の使い方を身に付ければ、取り入れる情報量ももっと多く豊かになるはず。それには体の部位に負担をかけすぎない、ちょっとした思いやりが大切なのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項