食事療法に困ったら管理栄養士に相談しましょう!

慢性腎臓病ステージ3・4の食事療法

引き続き、腎機能に応じて5つのステージに分けるCKD(慢性腎臓病)診療ガイドをベースにした食事療法を紹介します。ステージの区分についてヘ、腎臓病の食事療法(前編)をご覧ください。

今回は、腎臓病の食事療法が必要になるステージ3・4についてです。ステージ3・4の治療は、ステージ5である透析を遅らせたり、避けるために重要な時期になります。


たんぱく質について

ステージ3・4ではGFR(糸球体濾過量)が下がり、15~59くらいになります。このステージ3・4ではたんぱく質の管理が必要です。たんぱく質の摂取目安量は体重1キロ当たり、0.6~0.8gです。GFRが25くらいまで下がると、体重1キロ当たり0.6グラムのたんぱく質制限が必要だとされています。体重が60キロの人の場合は、1日のたんぱく質の摂取量は36g~48g(0.6g-0.8g/キロ)が勧められるということになります。

重さを測らずに、たんぱく質を推測する方法は、以前の記事「すぐに分かる!食品のたんぱく質量」を参考にして下さい。

たんぱく質は、肉、魚、卵、乳製品、豆製品などに多く含まれますが、ごはんや麺類などのでんぷん類、野菜や果物にも含まれます。アメリカの腎臓財団のCKD診療ガイドラインでは、質の高いたんぱく質(high biological value)として、脂身の少ない鶏肉、魚、大豆製品、植物性のたんぱく質を挙げ、これらの食品から、50~75パーセントのたんぱく質を摂ることを勧めています。


エネルギー量について

たんぱく質の制限に伴い、摂取カロリーが少なくなることも多く、体重が減りやすくなります。一般的に、必要なエネルギー量は、体重1キロ当たり30~35カロリーです。体重が60キロだったとすると、必要なカロリー量は1800~2100カロリー(30-35カロリー/キロ)になります。しかし、必要なエネルギー量は、個人の体格や活動量のよって大きく左右されます。計算で求めたエネルギーは、あくまでも目安ですので、必要以上に数値に固執する必要はありません。自分の体重を定期的にチェックして、体重が減っていく場合は、食事の量を増やすように努力しましょう。

慢性腎臓病では高脂血症になるリスクが上がると言われています。カロリーを上げるために油を多く使う人も増えると思います。高脂血症の予防を意識して、飽和脂肪酸の多いバターやマーガリンではなく、オリーブオイルやキャノーラオイルを使うとよいでしょう。


カリウム

カリウムの制限は、ステージ3・4でも特別必要はありませんが、血中カリウムが高い場合や、尿の量が減ってきた場合(1日1000cc以下)の時などは制限が必要なケースもあります。また、高血圧の治療等でACE阻害薬を服用している人は、血中カリウムが上がってしまうこともあるので注意して下さい。


貧血

慢性腎臓病が進み、クレアチニンが高くなるにつれて、貧血になるリスクも上がってきます。また、たんぱく質制限により、食事からの鉄分の摂取も少なくなりがちです。貧血になると、疲れやすくなったり、体が弱くなったりします。これらは、物忘れ、食欲不振などにつながったり、寒さが極度に苦手になったりと、生活の質の低下にもつながります。食事から鉄分がとれない場合は、専門家にサプリメントの摂取等を相談しましょう。


塩分

日本人の食卓では、食塩の制限はなかなか難しいのが現実です。日本では、慢性腎臓病の場合、食塩摂取の目標を6~7gほどにする場合が多いようですが、他の国では4g以下の制限が目標とされているケースも見られます。香味野菜やスパイスを使用するなどして、塩分カットを工夫しましょう。


食事制限をすることで、健康維持には欠かせない、ビタミンやミネラルも不足しやすくなります。特にビタミンB群、亜鉛、鉄、カルシウムなどは不足しがちです。ステージ3からは、腎臓病の状態や検査値などをもとに、食事療法について管理栄養士に相談するとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項