イメージ
漢方では病気の原因として、気候の変化などの「外因」、体質やココロの問題である「内因」、それ以外の「不内外因」の3つの柱で考える
頭が痛い、胸がはる、食欲がないなどのカラダの不調が、実はココロの病気が元になっていたり、その逆のパターンもよくあります。漢方では「心身一如」といい、ココロとカラダは一体であり、分けて考えることをしません。今回は漢方の得意分野でもある、ココロとカラダの不調に迫ります。

心の健康の漢方でのとらえ方

くよくよ悩んだり、ストレスを受けると交感神経が高ぶり、自律神経のバランスが崩れてカラダやココロに不調をきたします。漢方で深く関わる臓器は「肝」です。

「肝」は栄養物の代謝や解毒などの肝臓の機能だけでなく、情志をコントロールする作用があり、ストレスを真っ先に受けやすい場所でもあります。肝の機能が亢進すると頭痛やヒステリーを起こしやすくなります。

また、肝は心や脾(消化器系)にも影響し、不眠や不安感を生んだり、食欲不振や便秘を招いたりします。

具体的な症状にあわせて処方を考えますが、肝の機能を正常にし、気のめぐりを整えることが大切です。また、機能が亢進しているのか、低下しているのかによっても治療法は異なってくるので、正しい見極めが重要です。

症状別に、いくつかご紹介しましょう。

イライラ・ストレス対策漢方

真面目でイライラしてしがちな方に。ストレスをため込みやすく、気が張って胸や脇が痛くなったり、目が充血し、口が渇くなどの症状が出る場合、「逍遥散」(しょうようさん)に、熱を下げ消炎作用のある牡丹皮と山梔子を加えた、「加味逍遥散」(かみしょうようさん)が代表的。体格が良く、便秘しがちな場合は「大柴胡湯」(だいさいことう)も。

神経不安・不眠対策漢方

気が高ぶって興奮しやすく、動悸や耳鳴りがしたり、不眠をともなうことが多い。体力がある方で、高血圧ぎみ。代表薬は鎮静作用や解熱作用のある柴胡や、竜骨、牡蠣が入っている「柴胡加竜骨牡蠣湯」(さいこかりゅうこつぼれいとう)など。

くよくよ・不眠対策の漢方

同じ不眠でも、あれよこれよと考えすぎて、ぐっすりと熟睡できないようなタイプ。物忘れが激しく、貧血や食欲不振などの症状には「帰脾湯」(きひとう)が代表的だが、慢性化するとのぼせやほてりなどの熱の症状が加わるので、熱を抑える「加味帰脾湯」(かみきひとう)でも。

緊張・冷や汗対策の漢方

もともとは虚弱体質だが、興奮したり、落ち込んだりと気分にムラがあるような場合は、「抑肝散」(よっかんさん)に消化促進作用のある陳皮と半夏を加えた、「抑肝散加陳皮半夏」(よっかんさんかちんぴはんげ)がオススメ。ちなみに抑肝散はもともと小児のかんしゃくに使われていたもの。

精神不安定・胃腸虚弱対策の漢方

わけもなく涙を流したり、笑ったりと精神状態が不安定なタイプ。消化機能が弱いので、必要な栄養分がココロに行き渡らない。このようなケースは「甘麦大棗湯」(かんばくたいそうとう)が代表的で、女性のヒステリーによく用いられる。

ご紹介した症状や漢方はほんの一例です。なお、購入したい場合は必ず漢方の専門家にご相談くださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項