春はなんとなくだるくて、体調もイマイチ……。そんなときこそ漢方エステはいかが? 中医学の理論をベースに、アロマトリートメントを取り入れた「中医アロマ」を受けられるサロンを徹底リポートしてきました!

「中医アロマ」ってどんなもの?

薬剤師で国際中医師の資格も持つ、アロマセラピストの有藤文香さん。ちょっとした不調を自分の手で和らげるようにと、おうちセラピストの養成も積極的に行っている

薬剤師で国際中医師の資格も持つ、アロマセラピストの有藤文香さん。ちょっとした不調を自分の手で和らげるようにと、おうちセラピストの養成も積極的に行っている

まずは取材リポートの前に、予備知識を頭に入れておきましょう。

もともとイギリスの民間療法では、体質や体調に合わせて精油を選び、ツボや経絡(気血の通路、ライン)を刺激して、ココロとカラダの緊張をほぐしたり、バランスを整える東洋医学を取り入れたトリートメントがありました。

漢方薬は内服することで薬効を体内から吸収するのに対し、アロマの場合は香りが直接脳に伝わります。そのうえ、オイルマッサージの手技が加わるので、筋肉や関節をやわらかくしたり、精油が皮膚の奥に浸透して、気・血・水の流れをスムーズにする働きがあります。

なお、このような中国の伝統医学である中医学と西洋のアロマテラピーを、アロマセラピストの有藤文香さんが日本で体系立てたものが「中医アロマ」なのです。

中医アロマの第一人者がプロデュース「中医アロマサロン」

経絡とアロマトリートメントで、時間とともにじわじわとカラダに精油成分が浸透していく

経絡とアロマトリートメントで、時間とともにじわじわとカラダに精油成分が浸透していく

その有藤文香さんが2007年に立ち上げたサロン。有藤さんはイギリスで中医アロマを学び、帰国後日本で本格的に中医学を修得して、中医とアロマの融合をはかった第一人者でもあります。

製薬会社時代の体調不良を中医学で克服したことをきっかけに、中医学の奥深さに傾倒していったそうですが、漢方薬だけでは敷居が高く、より身近に生活の一部としてアロマを取り入れてほしいという願いから、最初は中医アロマを学べるスクールを開講。

その後サロンを開始し、現在では30代から70代までの幅広い女性がリピートするほどの人気店。ブレンドしてもらったオリジナルオイルは持ちかえる事ができ、自宅で再現できるよう、トリートメント方などのフォローもしてくれるのも魅力のひとつ。

有藤さんの新刊『はじめての中医アロマセラピー』1,890円。(池田書店)中医アロマをセルフケアするための入門書で、中国では翻訳本も発売中

有藤さんの新刊『はじめての中医アロマセラピー』1,890円。(池田書店)中医アロマをセルフケアするための入門書で、中国では翻訳本も発売中

中医アロマサロンのトリートメントは、体質カウンセリングからスタート。体質やお好みにあわせた漢方茶をいただきながらカウンセリングを受け、自分にあったブレンドオイルをチョイスしてもらいます。8種類の生薬が入ったフットバスでリラックス後、経絡アロマトリートメントに入ります。

トリートメントの後は、オリジナル漢方茶で心身ともにリラックス。なお、1階が漢方を処方してくれる東西薬局なので、ご希望に応じて漢方相談も受付けてくれる。サロンで施術を体験後、自分や家族のために中医アロマを学ぶ講座を受ける人も多いそう。

■中医アロマサロン
所在地:武蔵野市吉祥寺南町2-6-7 吉祥寺東西薬局2F 
TEL:0422-47-9646
予約時間: 10:30~17:30
※120分コースは17:00まで。日曜は16:00まで
URL:http://aroma.tozai-yakkyoku.com/saron.html
コース:90分 14,700円、120分 18,900円(ともに税込)

東京を一望できる30階のセラピールーム「ルナチュア」

品川駅港南口から徒歩1分という好立地ゆえ、キャリアウーマンがユースする割合も高い。メンズアロマのコースも充実しているのもうなづける

品川駅港南口から徒歩1分という好立地ゆえ、キャリアウーマンがユースする割合も高い。メンズアロマのコースも充実しているのもうなづける

サロン名が「月」に由来するように、月の満ち欠けのリズムと調和しながら、カラダを本来の自然の状態に戻し、美と健康を願う「ムーンサイクルセラピー」を取り入れているのが特長のアロマサロン。

表立ってはいませんが、コンセプトの根底にあるのが中医学の理論。自然との調和をポイントにし、季節ごとに起こりやすいトラブルに合わせたコースや宿泊パックも多く、今回も「肝」機能アップに着目したコースができたと聞き、ガイドも駆けつけた次第です。

中医学で「肝」というのは肝臓の働きだけではなく、自律神経のバランスの乱れや目の疲れなどにも深く関連しているといわれます。ルナチュアでは、そんな現代人のストレス過多によるカラダのだるさに着目。

ストレスと関連の深い、肝の働きをスムーズにする柑橘系のフルーツや漢方酒の入ったフットバスに始まり、だるさがカラダのどこを不調にさせているかをカウンセリング。肝をサポートしたり、自分のトラブルに合わせた精油を選んだら、うつ伏せになって足のアロマトリートメントに入ります。

ルナチュアのマネージャーでもある、アロマセラピストの西尾麻里さん。ロンドンで英国アロマセラピーの第一人者の一人ガブリエル・モジェイ氏より東洋医学を取り入れたホリスティック・クリニカル・アロマセラピー学び、以後多くのイギリス人や日本人の施術を行っている

ルナチュアのマネージャーでもある、アロマセラピストの西尾麻里さん。ロンドンで英国アロマセラピーの第一人者の一人ガブリエル・モジェイ氏より東洋医学を取り入れたホリスティック・クリニカル・アロマセラピー学び、以後多くのイギリス人や日本人の施術を行っている

背中やデコルテ、肩、首など全身をまんべんなくトリートメントしながら、その人の悩みや体質に合わせたスペシャルケアもプラス。カラダのだるさを内と外から解きほぐしていきます。

施術後は、気のめぐりをスムーズにし、血行促進にいいバラのつぼみを浮かべたハーブティーを頂き、窓の外に目をやると東京の景色を独り占め……。そんな気分に浸れるのも、ストリングスホテル内ならではの特典ですね。

なお、今回はルナチュア5周年企画第2弾として、「オ ールアバウトの肝機能アップキャンペーンを見た」といえば、通常の20%オフ(15,960円)で受けられる特典をつけていただきました! 当日はこの掲載記事をご持参くださればいいそうです。キャンペーン期間は2010年12月まで有効とのこと、ぜひこの機会をお見逃しなく!

■ アロマセラピールーム「ルナチュア」
所在地:東京都港区港南2-16-1 イーストワンタワー ストリングスホテル東京インターコンチネンタル内
TEL:03-5783-1111(24時間受付)要予約
営業時間:平日12:00~20:00(最終施術開始時間) 
休日12:00~18:00(最終施術開始時間)
URL:http://www.lunatua.jp/
コース:漢方アロマで“ダルおも”解消80分 19,950円(年内に限り、キャンペーン割引あり)なお、このほかのコースについては直接ご連絡ください

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項