イメージ
漢方では、生理痛があること自体、治療の対象になる。生理トラブルは不妊にも関わるので、キチンと向き合いたい
女性に多い疾患に、生理痛や生理不順などの生理にまつわるトラブルや、更年期障害、不妊症などがあります。漢方ではこれらを「血の道症」とも呼び、血流やホルモンバランスを整えながら、タイプ別に対応します。

女性の病気の漢方での考え方

「血の道症」の原因はさまざまですが、女性の一生は血にまつわることが多く、血流を改善させたり、ホルモンバランスを整えるためにも、ストレスや生活環境を見直すことが重要なキーワードになってきます。

血行不良になったきっかけも人によって異なり、冷えや甘いものの摂り過ぎ、自律神経の乱れなども加味します。

また、不調の原因が卵巣や子宮の病気である場合も少なくありません。気になることがあれば、婦人科でキチンと検査を受けてみましょう。

生理不順のおもな対策・漢方薬

生理の周期が不安定、通常より早く着すぎる、遅くなる、期間が短い、長いなど症状もさまざまですが、漢方ではこれらに加え、経血の量、色、質なども加味し、総合して判断します。

また、生理のトラブルだけでなく、それ以外の病気があるかどうかによっても治療方針が異なり、生理周期の段階によっても扱う生薬を変えたりします。

特に周期が不定期の場合、関連する臓器は腎、脾(消化器)、肝である場合が多く、腎の機能が弱く、下半身の虚弱がある場合は「八味地黄丸」(はちみじおうがん)、脾の機能が悪く、経血量が多い、疲れやすいなどの症状をともなえば「補中益気湯」(ほちゅうえっきとう)、肝の機能が悪く、乳房の痛みや精神的ストレスをためやすいなら「加味逍遥散」(かみしょうようさん)が代表的です。

生理痛のおもな対策・漢方薬

漢方では「通じなければ痛くなる」ケースと「養えなければ痛くなる」ケースの2つをまず考えます。「通じないケース」は血や気のめぐりが悪いために痛みを生じるので、血行を改善させたり、気の乱れを解消させます。代表的な漢方は「膈下逐オ湯」(かっかちくおとう)。冷えが強く、経血量も多いならば「温経湯」(うんけいとう)などもオススメです。

「養えなければ痛くなる」ケースは、もともとエネルギーや血液不足で体力がないので、生理が起こることによってますます体力を消耗し、腹痛になることが多いようです。なので、激痛というよりシクシクと痛み、生理中や生理後に痛みを生じる場合が多くなります。

経血が少なく、めまいや耳鳴りがある場合は「右帰丸」(うきがん)、虚弱体質で、お腹が冷えやすい場合は「黄耆建中湯」(おうぎけんちゅうとう)、貧血気味でむくみをともなう場合は「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)などが代表的です。

更年期障害のおもな対策・漢方薬

女性の不定愁訴の代表に更年期障害があげられますが、その症状や度合いにも個人差があります。漢方ではもともとの体質や生活環境に加え、のぼせや発汗、動悸やめまい、倦怠感、不眠などそれぞれの具体的な症状にあわせ、対応します。

年齢的には閉経を迎える前後の45~55歳くらいの間に起こるものですが、閉経とともに症状が落ち着くのも特徴のひとつです。

イライラして怒りっぽくなるケースは「加味逍遥散」(かみしょうようさん)、気分にムラがあり、胃腸虚弱をともなう場合は「抑肝散加陳皮半夏」(よっかんさんかちんぴはんげ)、手足の冷えが強く、頭痛や腰痛などがあるときは「当帰四逆加呉茱萸生姜湯」(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)、のぼせ症で頭痛やめまいをともなう場合は「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)などがよく使われる一例です。

ちなみに、更年期障害で起こる症状のひとつに「のぼせ」がありますが、漢方ではこれを陽の過剰や、カラダを冷やす機能、つまり陰の不足ともいい替えられ、陰と陽のバランスを整えることで症状を解消させたりします。

不調の原因をココロとカラダの両面からとらえ、とくに精神的な要素の強い更年期障害などのトラブルは、漢方の得意分野といえますが、購入したい場合は必ず漢方の専門家にご相談くださいね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項