アトピー性皮膚炎の原因を突きとめるためには、病院で診察と検査を受ける必要があります。しっかりと原因を知ることで、アトピーの症状を早期に改善したり、治癒することが可能になります。原因が分かれば対策も立てやすいので、放置するのはやめましょう。

問診と診察の内容

気になることは医師にすべてぶつけましょう
最初の問診では、「どんなときにかゆいか?」「何を食べるとかゆいか?」「どの時期にかゆいか?」「家族にアトピーや花粉症などの、アレルギーが要因となる病気の人はいるか?」などの質問をされます。アトピーの原因を絞り込むためにも必要な情報なので、正確に答えましょう。

診察では、医師がアトピーの湿疹の範囲、程度などを見て、アトピーの重症度や原因と治療方法を判断することになります。

アトピーの主な検査方法

よく行われる主な検査法は次の3つです。

■ 血液検査
採血をして、アトピーの原因を探ります。血液検査では、主に以下の項目がチェックされます。
アトピーを判断するうえで、血液検査は必須
  • 好酸球の数
    血液の中の白血球という本来病気と闘う細胞で、好酸球という白血球の数を調べます。アトピーの人は、好酸球の数が多い傾向にあります。
     
  • IgE値
    免疫に関わるたん白質で、アトピーの人はこのたん白質の数値が増えます。
     
  • 特異的IgE
    原因と思われるアレルギー物質に対して、陽性か陰性か判断する指数。この数字は100までありますが、0.34以下ならスコア0で陰性。0.34~0.69までならスコア1で疑陽性。0.7以上ならスコア2で陽性になります。100近くになるとスコア6の重たいアレルギーがあると診断されます。
     
  • LDH(lactate dehydrigenase)
    体内の酵素で、皮膚や肝臓などに含まれているもの。皮膚の炎症で皮膚が破壊されると血液中に出てきます。アトピーの湿疹がひどいと上昇するので、この数値を見ます。
     
  • TARC(Thymus and activation-regulateed chemokine)
    細胞を引き寄せる体内で作られるタンパク質。最近測定できるようになった新しい数値ですが、アトピーの湿疹がひどいと上昇します。


■ 皮膚検査
皮膚にアレルギー物質をつけるので、かゆくなるかもしれません

  • スクラッチテスト
    原因と思われるアレルギー物質を皮膚にたらして、針で少しだけ皮膚を引っ掻きます。15分後に赤くなるか、蚊にかまれたような湿疹が出れば、たらしたアレルギー物質がアレルギーの原因と考えます。
     
  • 皮内テスト
    原因と思われるアレルギー物質を皮膚内に針で入れます。15分後に赤くなるか、蚊にかまれたような湿疹が出れば、皮内に入れたアレルギー物質が原因と考えます。
     
  • パッチテスト
    原因と思われるアレルギー物質を皮膚に貼り付けます。その状態で、2日間(48時間)、3日間(72時間)後に、赤くなるかを判断する検査です。

■ 負荷試験
原因と思われるアレルギー物質を摂取して、湿疹がでるかという検査です。症状がきつく出ることがあるので、外来よりは入院での検査になることがあります。

なお、アレルギーの検査は、年齢を重ねるごとに変わります。数値が上がったり、下がったりするので、繰り返し検査されることをお勧めします。また、陽性が陰性になることもあるので、陽性だからと言って一生アレルギーと付き合わなければならない……と一概に悲観する必要はありません。

次にアトピーだと起こりやすい合併症を解説します。
   ⇒アトピー性皮膚炎の合併症 >>

小児科検索
皮膚科検索
アレルギー科検索
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項