乾燥する季節である冬、乾燥肌や敏感肌などのお肌のトラブルを感じる人が多いようです。特にアトピー性皮膚炎は大きな悪化因子の一つ。来る11月21日、「スキンケア大学」でお話をすることになりましたが、今回はいち早く、この「乾燥肌と敏感肌」について説明したいと思います。

乾燥肌・敏感肌の特徴

アトピー性皮膚炎の皮膚は傷んでしますので、敏感肌、乾燥肌になっています

アトピー性皮膚炎の皮膚は傷んでしますので、敏感肌、乾燥肌になっています
(清益功浩 著「アトピー治療の常識・非常識~知ってなっとく!最新治療」より引用

皮膚は角質層で水分の蒸発やアレルゲン(アレルギーを起こす物質)、病原体の侵入を防いでいます。この角質層が何らかの原因で傷んでいると、敏感肌や乾燥肌になってしまいます。この原因の1つがアトピー性皮膚炎。つまり、アトピー性皮膚炎があると、敏感肌、乾燥肌になりやすいのです。
 

乾燥肌対策

「乾燥肌」は文字通り水分が蒸発している状態なので、肌からの水分蒸発を防ぐのが対策の中心になります。水分蒸発を防ぐためには、保湿剤を使ったスキンケアが有効。保湿剤には水分の蒸発を防ぐものと皮膚の水分を保持するものがあります。皮膚の状態を正常に戻すことも水分を保持することになります。

アトピー性皮膚炎の炎症をある部分は、皮膚が傷んで、乾燥しがちになるので、炎症を抑える薬、ステロイドや免疫抑制薬を使って、皮膚を正常の状態に近くしましょう。

敏感肌対策

敏感肌は、普段の衣類でも肌が痒くなったり、痛みや違和感を感じてしまう状態の肌。皮膚が傷んでいることで、皮膚の神経が刺激され、様々な感覚に過敏になってしまいます。皮膚の刺激を少なくするために、綿などなるべく柔らかい素材のアンダーウェアを着用しましょう。

敏感肌は、乾燥肌を伴うことを多いのも特徴。そのため、乾燥肌と敏感肌の対策は基本的には同じです。傷んだ皮膚を水分保持も含めて正常にしていきましょう。敏感肌の原因の1つであるアトピー性皮膚炎の傷んだ皮膚を正常に近づけるために、炎症を抑える薬としてステロイドや免疫抑制薬を使うことがあります。
 

アトピー性皮膚炎の人も行うべき基本のスキンケア

乾燥肌、敏感肌の対策は、スキンケアが重要です

乾燥肌、敏感肌の対策は、スキンケアが重要です

アトピー性皮膚炎はもちろん、敏感肌や乾燥肌など皮膚が傷んだ状態のときには、肌をいたわるスキンケアを行うことが大切です。

  • 皮膚や血行にいいビタミン(ビタミンA・B1・B2・B12・C・D・E)を摂る
  • バランスのよい食事を摂る(亜鉛などのミネラル、コラーゲンなど)
  • 十分な睡眠をとり、ストレスをためないようにする
  • 皮膚を清潔にするために、入浴・シャワーを心がける
  • 肌に優しい自分に合った石鹸を使い、しっかりと洗い流す
  • 衣類は、綿などに刺激の少ないものにする
  • ダニ、ホコリ、カビは皮膚を悪化させるので、住環境を整える
など。

もっと詳しい方法を知りたい人は、「アトピー性皮膚炎に対するスキンケア」「正しいスキンケアで毎日をハッピーに」も、ぜひ参考にしてみてください。

スキンケア大学での内容は、こちらから見ることができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。