糖尿病食事療法における食事交換表活用の注意点

食事療法に自分を合わせてしまうのでなく、自分のスタイルに食事療法を合わせるというスタンスが大切。

食事療法に自分を合わせてしまうのでなく、自分のスタイルに食事療法を合わせるというスタンスが大切

食事交換表はあくまでカロリーオーバーを避けてバランスのよい食事をするためのツールの一つです。食品交換表の単位を守れば必ず糖尿病が改善されるという訳ではありません。なぜなら糖尿病は炭水化物の代謝異常を起こす病気であって、炭水化物代謝機能を表す血糖値は個人の病気の進行具合によって大きく異なるからです。

また、糖尿病の服薬やインスリンの量や使用有無によっても、当然血糖値は左右されます。よって、定期的に医師や管理栄養士と検査値や食事内容を分析して、総単位数や単位の割り振りが適切であるかを確認する必要があります。

例えば、標準体重維持を維持、又は減量しているのに血糖値が改善されない場合は、血糖値を上げる炭水化物が多く含まれる表1、表2、表4の単位数を減らし、その分表3のたんぱく質を増やしたり、表5の油脂を増やすなどの対策が必要なこともあります。信頼できる医師や管理栄養士と相談しながら自分に合った糖尿病管理を目指しましょう!

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項