新大学生や新入社員におきやすい「五月病」

ベンチに寝転ぶ男性

五月病では、心身がスランプ状態になってしまい、「気持ちが冴えない」、「やる気がおきない」など、さまざまな症状が現われます

寒かった冬が終わり、気温がぐっと上がり始める4月。満開の桜を見ると、「さあ、これから頑張ろう!」と気持ちも新たになるものです。街には新大学生や就職したフレッシュマンたちの頑張っている姿も見られ、新しく引越しした人もいたりと、新生活を始められた人も少なくないでしょう。

しかし慌しい4月をスタートダッシュで乗り切って5月に入ると「気持ちが冴えない」「ぐったり疲れてしまう」など、心身の息切れ症状が起こります。これがいわゆる「五月病」です。五月病の主な症状や、予防法、治療法について、わかりやすく解説します。

やる気が出ない、食欲低下、不眠……様々な五月病の症状

五月病は正式な病名ではないため、明確な診断基準のようなものはないのですが、5月、特にゴールデンウィークを過ぎたあたりから、以下のような心身のスランプが起きることが多いようです。

■五月病によくある症状
  • 気持ちが冴えない
  • やる気が起きない
  • 体がだるい
  • 寝つきが悪くなった
  • 思考力、集中力の低下
  • 自信がなくなる
  • ネガティブな考えが浮かびやすい
  • 頭痛、腹痛などの身体症状
  • 食欲低下
  • 飲酒時の悪酔いなど、問題行動の出現
これらの症状は五月病シーズンに限ったものではなく、程度の差を除けば、心身の疲労時に誰にでも出現するものです。

五月病症状の放置は危険? 心の病気になるリスクも……

通常の疲労時と同じく、五月病もほとんどの場合、一時的な心身のスランプ状態で、しっかり休養を取れば自然と元に戻ります。しかし、時には五月病らしき症状が続いて悪化してしまい、放置し続けることでうつ病や適応障害などの「心の病気」の発症につながってしまうこともあります。

症状の深刻さと持続期間によりますが、もしも、上記のような症状が数週間持続していて、学校や仕事に行けないほど気持ちが辛くなってしまったならば、五月病よりも深刻な心の病気になっている可能性もあります。特に、死にたい気持ちが生じるようになっていたら、重症のうつ病になっている可能性もあります。我慢せずに、すぐに精神科や神経科を受診するようにしましょう。

心の病気の治療法や診療科の選び方については、「心の病気の治療法一覧」や「うつ病の治療法」、「初めての精神科—診療科の選び方」を併せてご覧下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項