予防ワクチン接種の回数と費用

子宮頸がんの予防のHPVワクチンはとても高価で、1個が12000円程度します。医療機関で接種する場合、諸費用が加わり個人の負担は1回15000円~20000円程度になるでしょう。

不活化ワクチンなのでDPT三種混合ワクチンのように複数回接種する必要があり、現在は3回接種が推奨されています。初回接種、1ヶ月後接種、5ヶ月後接種の3回です。筋肉注射で、DPT予防接種よりも、接種部分の腫れや痛みが起きやすいことがあります。

予防接種に公費負担があるオーストラリアでは、HPVワクチンの接種はかなり普及しています。日本での接種はまだ高額。個人的見解ですが、子宮頸がんを約70%予防してくれる効果があるので、予防効果に対する安心感はもちろん、治療、治療費、労働喪失などマイナス面を十分補うことのできるワクチンと考えられます。このワクチンもまた、国民の生命を守ることができる国がすべき事業の一つかもしれないのです。一刻も早い公費負担が実現することを願ってやみません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項