疲れを貯めたままにしておくと?

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/0/1/6/2/2/kazey.jpg
疲れが溜まってついに病気になってしまうことも!
仕事が忙しくて疲れを感じた場合は、睡眠を十分に取って、リラックスする時間を取ることが大切。逆に、活動量が低くて、少し動いたら疲れてしまうような場合には、昼間は積極的にからだを動かしたりして生活リズムを整えましょう。

疲れがあっても、からだの声を聞かずに同じ生活を続けてしまうと、疲れが蓄積して、ついには病気になってしまうこともあります。

例えば、交感神経が優位の状態が続くと、白血球の一種である顆粒球が増加し、からだのあちこちで、常在細菌と反応するために化膿性の炎症を起こします。さらに顆粒球自体が、活性酸素を吐き出して、組織破壊の炎症を起こしてしまうのです。そうなると、以下のようないろいろなトラブルが発生します。

■肩や背中の痛み
■にきび
■口内炎、歯槽膿漏
■胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
■便秘
■高血圧
■不眠
■がん
■蕁麻疹が出来やすい
■鼻水
■花粉症やアレルギー性鼻炎の慢性化
■慢性疲労症候群
■自律神経失調症

精神的にも、抑うつなどが生じることもあります。まずは、1週間ほどかけて、ゆっくりと休息をとること。軽い体操などをはじめて調子を取り戻します。(参考:『疲れをためない生き方』安保徹著)

疲労が続くようなら、内科や心療内科などの医療機関を受診しましょう!

ヘトヘトだけど今日一日だけは乗り切りたい! 二日酔いや徹夜明けでつらい…。今すぐ何とかしたい疲れの緊急ケア法をご紹介します!
    ⇒ 4. 疲れのスピード回復術 >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。