寒い朝でもスッキリ起きられる!

雪の結晶
清少納言も「冬はつとめて」と、冬の朝のすばらしさを讃えています
起きやすい環境を作ることで、朝が苦手の方でも、たいした努力をせずに布団から出やすくなります。

■ 光で体内時計をコントロール
朝は目が覚めたら、すぐに明るい光を浴びます。強い光は、最強の目覚まし効果があるからです。太陽の光を直接浴びるのがベストですが、日の出の時刻が遅い時期は、部屋の照明だけでもパッと全灯にしましょう。

夜に明るい光を浴びると、睡眠ホルモン・メラトニンが減ってしまいます。夕食以降は、少し暗めの白熱灯の下で過ごすと、自然に眠気が催されます。テレビやインターネット、メールも、寝床に入る1時間前には切り上げましょう。眠るときは暗いほうがよく眠れますが、暗闇が不安な人は、豆電球のフットライトを点けておきましょう。

■ 布団の中でエクササイズ
低血圧や低体温の人は、朝、布団を出なくていけないことが分かっていても、体が言うことを聞いてくれません。そんなときは、布団の中で寝転んだまま、等尺性運動をしてみましょう。まず、6~10秒間、全身に力を入れ、次に同じく6~10秒間、完全に力を抜きます。これを3セットもすれば、血圧と体温が適度に上がってきます。

■ 西郷式起床術
とっておきの荒業として、明治の英雄・西郷隆盛さんも行っていた方法をご紹介します。目覚まし時計が鳴ったら、掛け布団や毛布を足元まで蹴飛ばしてしまうのです。こうすれば寒くて寝ていられなくなり、イヤでも眼が覚めるはず。ただし、高血圧や心臓病などがある人は、決してしないでください。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項