WHOによる「アテネ不眠尺度」とは

快眠度チェックリスト

睡眠不足を自覚できない人が、急増中! あなたは、大丈夫?

睡眠の質を自分でチェックする方法は様々ですが、世界標準の睡眠評価法として「アテネ不眠尺度」というものがあります。これは、2000年に世界保健機関(WHO)が中心となって作られました。

以下の8項目で、過去1カ月間に、少なくとも週3回以上経験したものを選んでください。最後に、各選択肢についている点数を合計します。

問1.寝床についてから実際に眠るまで、どのくらいの時間がかかりましたか?
いつも寝つきはよい……0
いつもより少し時間がかかった……1
いつもよりかなり時間がかかった……2
いつもより非常に時間がかかった、あるいは全く眠れなかった……3

問2.夜間、睡眠の途中で目が覚めましたか?
問題になるほどのことはなかった……0
少し困ることがある……1
かなり困っている……2
深刻な状態、あるいは全く眠れなかった……3

問3.希望する起床時刻より早く目覚めて、それ以降、眠れないことはありましたか?
そのようなことはなかった……0
少し早かった……1
かなり早かった……2
非常に早かった、あるいは全く眠れなかった……3

問4.夜の眠りや昼寝も合わせて、睡眠時間は足りていましたか?
十分である……0
少し足りない……1
かなり足りない……2
全く足りない、あるいは全く眠れなかった……3

問5.全体的な睡眠の質について、どう感じていますか?
満足している……0
少し不満である……1
かなり不満である……2
非常に不満である、あるいは全く眠れなかった……3

問6.日中の気分は、いかがでしたか?
いつもどおり……0
少し落ち込んだ……1
かなり落ち込んだ……2
非常に落ち込んだ……3

問7.日中の身体的および精神的な活動の状態は、いかがでしたか?
いつもどおり……0
少し低下した……1
かなり低下した……2
非常に低下した……3

問8.日中の眠気はありましたか?
全くなかった……0
少しあった……1
かなりあった……2
激しかった……3

採点方法と睡眠の質の評価:高得点の人は早めに受診を

不眠解消

今の状態がわかれば、後はやるべきことをやるだけです

それでは、あなたの睡眠の質を、セルフチェックしてみましょう。

まず、アテネ不眠尺度の8つの質問項目の各得点(0~3点)を、全て足し合わせて総得点を出してください。これが高いほど不眠が強く、逆に得点が低いほど睡眠の質が良い、と判定します。

総得点が4点未満の人は、まずまずの睡眠が取れています。さらに睡眠の質を良くしたいときには、運動や食事などの生活習慣を見直したり、睡眠の環境を整えてみたりしましょう。

4~5点の場合には、不眠症の疑いが少しあります。心配ならば、睡眠障害の専門医に診てもらいましょう。もちろん、生活習慣や睡眠環境の改善は、行う必要があります。また、強いストレスを感じているのなら、それを減らすか対処する方法を、考えてみてください。

総得点が6点以上の方は、不眠症の可能性が高いです。早いうちに、睡眠障害の専門医の診察を受けてください。病院へ行くのは気が進まないかもしれませんが、早いうちに診断してもらって治療を始めれば、早く楽になりますよ。

あなたの睡眠の質は、いかがでしたか? お子さんの睡眠の質をチェックしたいときは、「子どもの睡眠力チェックリスト」をあわせてお読みください。

よく眠れている人も、睡眠に悩みを抱えている人も、睡眠の環境を良くすることは大切です。ぐっすり眠れるベッドや枕、照明など、ベストな快眠環境について知りたい方は「睡眠環境・寝室・ベッドの工夫」をご覧ください。また、夜にぐっすり眠るために今日からできることについては「快眠のための生活習慣」を、睡眠が起こるメカニズムや睡眠のリズムの詳しい解説は「睡眠のメカニズムとリズム」をお読みください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。