アメリカでミツバチが大量に行方不明に?

むくみ
古くから民間療法などで活用されてきたハチミツ。
2006年秋頃から、アメリカでミツバチが突然いなくなってしまう怪現象が始まり、2007年5月には全米27州に拡大しているそうです。

アメリカではアーモンドなど、農作物の3分の1が、ミツバチによる受粉に依存しているため、ミツバチがいなくなる現象は、生産者にとって大打撃になっているのです。

これまで病害虫などでミツバチが大量死した被害はありましたが、今回の現象の不思議は、帰巣能力が高いミツバチが突然どこかへ行ってしまうことで、死骸がミツバチの行動圏で発見できないため、帰巣できないのか死んだのかも分らないのです。

原因として、ミツバチの免疫機能の低下や、寄生虫のダニ、農薬、遺伝子組み換え作物、ストレス、地球の温暖化などが複合しているのではないか言われていますが、今のところは不明なので対応もできません。

他にも果物や野菜などさまざまな食べ物の栽培は、ミツバチに異存していものがあります。自然というのは、目に見えない部分で深く繋がっているのですね。地球上あるものに無駄な命はないといいますから、小さな虫たちの存在とその働きに感謝したいものです。

日本でも、東京の真ん中である銀座で養蜂が行われています。ご存知でしたか?

蜂の生態も含めて、詳しく知りたい方は、こちらの記事人と街、自然をつなぐ銀座産ハチミツをご覧ください。


参考
・食べるクスリ(ハルキ文庫)
・東方栄養新書(メディカルユニコーン)
・食べ物栄養事典(日本分芸社)
・「医者いらずの」食べ物事典(PHPエル出版)
「健康食品」の安全性・有効性
米国蜂蜜協会
はちみつの国際規格(社団法人 日本養蜂はちみつ協会)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項