日本人の高血圧と塩について、先月1日の記事では「塩分摂取制限とはナトリウム制限である」ことをご説明しました。現実的に日本人が塩分摂取量の目標を達成するためには、容易ならざる問題があります。その問題と対策について考えてみましょう。


500年前から辛い日本食

海
海に囲まれた日本。必然的に塩との結びつきも強くなります
地図をみると「塩浜」「塩田」、苗字の「塩見」さんに「大塩」さん。端的な例で、海に囲まれた日本で暮らす人々がいかに塩と深く関わっているのか、今でもうかがい知ることができます。食生活においても同様に、料理の最も基本的な調味料、あるいは保存料として、塩のない生活はあり得ないといっても過言ではありません。

そうしたことを示す一例として、鎖国にあった江戸時代に日本を訪れた西洋人の文献に

「(西洋料理と比べると)日本の食事は辛い」

という一文が残されているそうです。それだけ昔から辛い料理を好んだ日本人です。わざわざ減塩した梅干しが作られているように、塩辛さを求めるのは日本人の性(さが)というべきかもしれません。やはり、塩分摂取量を制限するのは難しいのでしょうか?


塩分摂取目標量の達成は不可能?

塩分摂取目標量には様々な基準が存在しますが、血圧の高い人では1日あたり5~6グラム。健康な人であっても7~8グラム未満が目標とされています。こうした塩分は、食事によって摂取されることがほとんどです。

例えばお味噌汁、1杯あたりの塩分は1グラムを少し超えます。塩分が多いと感じるかもしれませんが、「目標量の範囲で摂るべき塩分は摂る」というのが、ガイドの考え方です。生命を維持するために必要な塩分は1日に1グラムで十分という考え方もあります。しかし、1日1杯のお味噌汁は発ガン予防も期待されますし、なんと言っても日本の大切な食文化です。梅干しにしても同じこと、塩分摂取目標量はあくまでも1日の合計ですから、他の部分で摂取量を制限すれば済むのではないでしょうか。


それでは、その実践方法をご紹介します。塩に対する思いの深い日本だからこそ、「塩」を使った「減塩・減ナトリウム法」があります。


次のページでは「塩」を使った減塩法をご紹介します。