コレステロールが心配で卵を敬遠してませんか? 確かにコレステロールは確かに高いと問題ですが、卵を問題視する必要はありません。生卵ではなくて加熱して食べましょう。


悪者あつかいは間違い? コレステロールの役割

cholesterol and lipid bilayer
動物のリン脂質の二重膜にはコレステロール(赤い○-6角形-6角形-6角形-5角形)が含まれています。
動物と植物には、様々な差があります。その一つがコレステロール。細胞の基本的な膜構造は脂質(リン脂質)の二重膜ですが、動物の場合はリン脂質に加えてコレステロールも、二重膜に含まれているのです。植物の場合は含まれていません。身近な例として、ピーナッツバターはコレステロールはゼロと表示されてありますね。


悪者のように言われがちなコレステロールですが、脂肪の吸収にかかせない胆汁酸の原料となっています。女性ホルモン・男性ホルモン、副腎皮質ホルモン、血圧と関係するアルドステロンは、全部コレステロールから作られるのです。

動物は植物を食べて生きています。草食動物は草を食べて生きています。コレステロールを含んでいない植物を食べて、生きていくのに必要なコレステロールを体内で合成しているのです。ヒトも同じで、食物からコレステロールをまったく摂取しなくても問題ありません。体内で合成されるコレステロールは一日、数1000mgで、食物からの摂取は数100mgなのです。コレステロールそのものは100%の悪玉ではありません。


コレステロールは心筋梗塞の危険因子

cholesterol and myocardial infarction
一方で、コレステロールが高いと心筋梗塞になりやすいのも確かです
大切なコレステロールですが、心筋梗塞の危険因子である事は周知の事実です。もっとも女性の場合は男性の1/4程度しか心筋梗塞になりませんので、あまり気にしなくても良いでしょう。

男性の場合は、コレステロールの値を気にするべきですね。統計的にはコレステロールの中央値は200mg/dL。240mg/dL以上になると、明らかに心筋梗塞の可能性が増えてしまうのです。過剰摂取は危険ですね。こんな人は卵を食べても大丈夫なのでしょうか? 次のページで説明しましょう。


>>次ページでは、安全な卵の食べ方について解説します。>>