花粉症の症状は十人百色

マスクをしている男性

花粉症の症状は人によってさまざまです

花粉症歴20年のガイド。花粉症という病名が今ほど認識されていない頃から実は花粉症だった医療関係者も周りに数多くいます。今回は複数の医療関係者の話に基づいて、花粉症に関連すると考えられる解説していきます。花粉症の症状には個人差があり、実にさまざまです。

■花粉症による発熱
日本の教科書的な記載では、発熱は花粉症の症状とはされていません。しかし春一番が吹いて花粉の大量飛散が始まると、毎年微熱が出てしまうという話も聞きます(私自身もよい例です)。アメリカの花粉症に近いとされる「Hay Fever」は、名前の通り「干草熱」と呼ばれてるものですが、発熱を伴います。

■花粉症による顔のむくみ・浮腫
花粉症で炎症がおきる場合もあります。炎症が起こると、血管外に白血球が出やすくなり、血しょう水も細胞間質に出やすくなります。つまりむくみやすい状況になるということです。この浮腫状態が顔に出ると、むくんだ顔になります。

■花粉症による化粧品アレルギー・金属アレルギー
花粉症の時期は空気が乾燥しています。乾燥肌、敏感肌の人は乾燥だけでも皮膚に症状がでがちですね。花粉に暴露される顔は化粧品、眼鏡枠の金属もある場所です。花粉症の時期に急に化粧品や金属アレルギーになる事があります。

■花粉症による吐き気
目、鼻、喉の症状だけが花粉症ではありません。発生学的なお話になりますが、人間の肺は、魚の浮き袋と起原が同じものです。浮き袋は消化器が括れてできた器官ですので、口を含む呼吸器系に症状を起こす花粉が、消化器系に症状を起こしても不思議はありません。砂埃を吸い込んだ時のように、口の中がざらざらした感じがする人も多いのではないでしょうか?

これによって胃酸分泌が増えてしまうと、逆流性食道炎を引き起こします。胃の炎症が強く胃粘膜が抵抗しきれないと、胃潰瘍やビランになります。逆に胃粘膜ががんばって抵抗すると内視鏡検査では異常がみつかりにくくなり、機能性胃腸症の診断になります。

腸全体で炎症が起きるとおなかに風船が入ったような感じがします。この場合は過敏性大腸症と診断される可能性があります。口が痒い時期は出口(肛門)も痒くなります。

私自身が花粉症かなと感じたのは、ある4月でした。急に吐き気が始まり、その状態が数週間続きました。次の年も同じ時期に吐き気が始まりました。内視鏡検査をすると胃の粘膜から小さい出血がありました。時期的にはヒノキ花粉が飛散する時期に一致しています。

秋にブタ草花粉が飛散する時期に同じような症状がありました。胃粘膜保護薬と胃酸抑制剤を暫く服用してから内視鏡検査をするときれいな胃の粘膜でした。花粉と消化器官の症状は、関連があるのかもしれません。

上記のように、花粉との関連が考えられる症状は様々ですが、個人でも1日、1週間の中で、症状には大きな変化や変動があります。花粉症日記をつけて、まずは一番緩和したい症状を見つけてみましょう。

花粉症症状を把握するために「花粉症日記」をつけよう

視床
視床は痒みを伝えてしまいます。
人によっても、個人でも、症状が変わる花粉症。簡単な花粉症日記をつけておけば、花粉の時期に自分に起きやすい不調を把握することができ、ただ辛いシーズンを耐えるのではなく、自分が一番改善したい症状を把握して、的を絞った対処をすることができます。

以下で、花粉症日記の例をご紹介しましょう。簡単に書くだけでも、症状が把握できますよ。

  • 「顔がむくんで、目も真っ赤!」 
朝起きると何だか全身だるくて熱っぽい。鏡を見ると顔もむくんでいる。目の周りも赤くて、化粧のりも最悪。→微熱、むくみ、目の充血
  • 「飲み過ぎ?食べ過ぎ?朝からムカムカ」
喉が痛くて、朝からムカムカ。熱い物は飲みたくないし、イチゴを食べたら、さらにムカムカがひどくなった。昼に生野菜のサラダを食べたら、ますますムカムカ。→ イチゴや生野菜に付着した花粉が原因?
  • 「鼻づまりがひどくて、一日ブルー」
朝から鼻づまり。シャワーを浴びたら、さらに悪化。通勤の電車内では、ずっとくしゃみが止まらなかった。仕事中も、帰ってからも、鼻づまりは治らない。食事の味も分からない。→典型的な花粉症の症状が出ている。鼻づまりがひどすぎて、日常生活にも支障が出るほど。
  • 「とにかく目が痒くて痒くて辛い…」
外出したら、目が痒い! 風が吹いたらさらに痒い。鏡を見ると目が真っ赤。帰るころには、かゆみが痛みに悪化。目を取り出して洗いたい!!→典型的な花粉症の症状です。眼鏡や目薬の上手な活用を考えた方がよい?

などなど。大事な事は、どんな場所で、どんな時に、どの症状が強く出て辛かったか、どれを一番減らしたいかを把握することです。それによって受診する診療科、診療科に行く時期(花粉が飛ぶ前、花粉が飛んでから)が変わってきます。

花粉症の対策や治療に関わる診療科は、出ている症状によって、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、消化器科などさまざま。シーズンが来てから一度にこれらの科を全部受診するのは時間的にも困難でしょうから、まずは花粉症日記を付けて、自分にとって一番負担になっている症状が何かを見極めましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項