天敵のダニ一掃! 頼れる掃除機の選び方』のクリーナーに続いて、身近な花粉を減らす方法を紹介します。今回は、空気清浄機について調べてみましょう。

花粉はもちろん、黄砂、ダニ、ウイルス、カビまでも空気から除いてくれる空気清浄機を使うのも、アレルギー対策の1つの方法です。

 
<CONTENTS>
 
 


空気清浄機を知ろう

都会でも自然の中のように……。部屋にもいい空気があるといいですね。
CMや家電でよく見かける空気清浄機、四角の形をして、どんな機能と構造でしょうか?

■機能
空気中に浮遊する目に見えない細かい粒子(花粉、黄砂、ダニ、ホコリ、細菌、カビなど)やニオイ(ペットや焼肉など)を取り除きます。掃除機と違う点はニオイを除いてくれることです。

■構造
空気清浄機の中身には、一般的に、パネル・集じんフィルター・脱臭フィルター・ファンで構成されています。本体内のファンをまわすことで強制的に空気を吸い込み、フィルターを通して空気中の汚れやにおいを取ります。
特別な方法として、高圧放電によりちりやほこりを帯電(イオン化)させて捕集する方法もあります。

■機能の見方
清浄時間:8畳相当の部屋で規定の粉塵(ふんじん)濃度の汚れが基準値以下になるまでの時間。短いほど、強力です。
適用床面積:規定の粉塵濃度の汚れを30分で清浄できる部屋(天井の高さ2.4m)の広さ。広いほど、強力です。

機能と値段、部屋の大きさに合わせた機種を選びましょう。特に、機能が強力になるほど、大型になってしまいます。

アレルギーによい空気清浄機の注目点

天敵のダニ一掃! 頼れる掃除機の選び方でも説明していますが、何といってもアトピーの原因になるダニ・ホコリ・カビ、花粉症の原因である花粉をどれだけ除いてくれるかがポイントになります。

特に、フィルターの性能に注目しましょう。どんなフィルターで脱臭機能はどうかが注目点です。そして、空気の循環を考えると、ファンによる吸引力も注目です。



次のページでは、空気清浄機をご紹介します。