アトピーの悪化因子の一つにあげられる「汗」。とはいえ汗そのものは、体温調節に重要な働きをしてくれます。汗のことを正しく知って、夏のアトピーケアに役立てましょう。

<CONTENTS>

汗は悪者ではない?

汗は、皮膚の汗腺という所から出てきます。汗は、体温が上がってくると出てきますが、「冷や汗」「あぶら汗」と呼ばれるように、精神的な状況でも出てきます。汗には、様々な塩分などの電解質や水分が含まれていますが、汗をかかないと体温がどんどん上昇してしまいますので、体温調節の上ではとても重要です。

ヒトの汗は、酸性よりになっています。ヒトの汗に抗菌力はあるのですが、汗が乾いて汗の塩分濃度が増えると、抗菌力が落ちるといわれていて、汗をそのままにしておくことは皮膚にはかえってよくないことになってしまうのです。

アトピーの場合は、汗をかく機能自体が落ちていますので、それが最初の抗菌性を落としているのかもしれません。汗を押さえるのではなく、かいて乾く前に、十分に皮膚をケアすることが重要です。正しいスキンケアを知っておきましょう。


真夏のアトピーに大切な汗対策

汗を流すにはシャワーは重要です
汗をかいたあとに効果的なのはシャワーです。シャワーは汗の水分だけでなく、皮膚についた細菌を洗い流してくれます。とはいえ、外出時にはなかなかすぐにシャワーをあびることもできませんので、こまめに汗を拭いて対応しましょう。できれば、綿のタオルがオススメです。

それに、アトピーの皮膚の場合、1日に何度も入浴して石鹸で洗ってしまうと、かえって皮膚をカサカサにしてしまいます。汗を流す程度なら、さっとシャワーを浴びるだけでも十分です。肌をゴシゴシこすり過ぎないようにしましょう。こすり過ぎると、皮膚を刺激して痒みもひどくなります。

スキンケアでは、入浴も大切ですので、肌の調子をちゃんと見ながら、入浴とシャワーとを使い分けることが大切です。



次のページではアトピーにいい汗対策グッズを紹介します。