消毒の功罪

消毒の代表的なものがイソジンです。うがい用はよく知られていますね
皮膚の菌を減らす方法として消毒は有効です。よく使われているのは、イソジン、ヒビテン、エタノールです。

イソジンは非常に多くの細菌やカビに効果があり、手術などの医療手技の消毒としても頻用されています。消毒としては非常に強力ですが、過剰な使用は、ヨードが体に多く吸入されるので、甲状腺ホルモンのバランスが崩れます。

ヒビテン・マスキンも、非常に強力な殺菌効果を示しますが、粘膜には使用できません。消毒液の接触性皮膚炎もあります。

エタノールは70%の濃度が使用されます。採血する時の消毒に使われるので、ヒヤッとしみた経験がある人もいるのではないでしょうか? 患部を冷却しますが、湿疹部分には刺激性が強く、しみるため、使いにくいのです。

強酸性水や海水については、以前、説明しておりますので、水でアトピーが治る?を参照にしてください。水の効果は、殺菌作用が主です。

抗生剤の安易な使用は、抗生剤耐性のブドウ球菌(メチシリン(抗生剤の名)耐性ブドウ球菌:MRSAと略することがあります)を作ることになります。一方、消毒は、抗生剤耐性のブドウ球菌を作らずに皮膚を清潔にできますが、副作用がないわけではありません。皮膚を清潔にする消毒療法は、アトピーの一つの治療でありますが、安易な使用はしない方が望ましいと思われます。

次のページでは、消毒の前にしたい毎日のスキンケアについてご紹介します。