「ステロイド外用薬」で症状を抑える

アトピーといえばステロイド、という図式ははずせません。アトピーになったと思われる人は、皮膚科に行きアトピーという診断が出たら、ほとんどの場合、ステロイドが投薬されます。アトピーという診断がなくても、「重症の湿疹」などの場合も同じです。

アトピーは慢性疾患です。炎症をおこしていたり、ひどい痒みを伴う、皮膚が崩れ落ちているなど症状が重かったら、症状のコントロールを行う必要があります。こういった病状を理解しておくことも大切です。

ステロイドは、炎症を抑える、皮膚の状態を一時的に良好にすることが目的であり、完治する訳ではありません。ステロイドを使用して、表面の状態が良くなり、症状が落ち着いたら、その状態を保つべく、スキンケアに励みましょう。体調を整え、生活の改善をしていくことも大切です。

アトピーに対するステロイドの代表的な利点
・炎症反応のある部分には、素早い効果がある。
・症状を一時的ではあるが、抑えることができる。
・ステロイドには強弱のランクがあり、それぞれの症状に合わせて使用することができる。
・軟膏、クリーム、ローション、スプレーなどがあり、疾患している部所に応じて選択することができる。

アトピーに対するステロイドの代表的な問題点
・症状のリパウンドがある場合がある。
・皮膚より吸収され、身体内に自然に存在している副腎必ホルモンを調節できなくなる場合がある。
→(注意)ステロイドの量、使用している期間、その人個人にもよる。
最近ではドクターの意識も変化して、正しい処置が行われるようになり、ほとんど適切な量にて診察投与されており、解決していると思われる。


ステロイドの強弱と選択

ステロイドには強弱、軟膏、ローションなど様々な製薬品があります。製薬メーカーから多種なステロイドが発売されており、それぞれに使用する部位が違います。メーカーの方から製薬情報を各ドクターに流しており、ドクターはその使用方法を十分に理解して、患者の状態をみながら、強弱や製薬を選択、投薬します。その理解を少々深め、ドクターの診断診察を受け、適切なステロイドを選択してもらいます。
勝手に自分で判断をして使用を止めないように気をつけましょう。

ステロイドの強弱の一般的な知識
・strongest
手足の難治性湿疹などに限定使用。全身には使用しない。
・very strongest
皮膚の慢性的な炎症、急性の湿潤性に使用。
慢性的炎症が持続すると見られるとき。
・strong
肌がくずれるくらいの症状、赤く炎症を起こしている。
・mild
顔に症状のある湿疹に使用して、症状が治まれば使用は中止する。
・weak
顔に症状のある軽めの湿疹使用。
→(注意)乳児、老人に関しては、普通成人の適切量より低い強さのものを投薬する。

→→アトピーの薬を知ろう
→→ →→アトピーのスキンケア
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項