▼ブルーな気持ちがちょっと重すぎたら??

気分が冴えず、調子のあがらない日は誰にでもありますね。普段ならすぐに立ち直れるのに、その状態が、ちょっと長いかな?という時もあるかもしれません。

1~2週間もブルーな気持ちが持続し、また、いつもより落ち込み方がひどいときにはうつ病の可能性もあります。

もし、自分の状態に対して、疑問や不安、いつもと何かが違うとお感じになるときには、気軽に神経科(精神科)を訪れて、医師に診てもらいましょう。不安な気持ちをそのままにしないことが大事です。


▼初めての神経科、どんな診察をするの?

初めて神経科に訪れる時はどんな診察があるのかドキドキしてしまいますよね。病院で普段どんな診察が行われているのかお話しをしていきましょう。

患者さんが気分がすぐれないということで、神経科にいらっしゃった場合、神経科では本人から詳細な情報をうかがいます。

詳細な情報というのは、症状についてのみならず、どのような環境で発育、成長を遂げ、どのような生活を送ってきたかに関する生活歴、親近者に精神的な病気にかかった人がいるかどうかの家族歴、また、過去に精神的な病気にかかったかどうかなど、質問の範囲は広範にわたります。

このような情報により、ただのブルーか?うつ病になっているか?を診断します。


▼なぜ うつ病 になってしまうの?

うつ病というと、精神に問題がある為に生じる病気ととらわれがちですが、脳内の神経生理学的な異常が原因となっています。


▼うつ病 になったらどんな症状があるの?

うつ病になると、何もかもスローダウンしてしまいます。気分は落ち込み、絶望感に襲われ、ふだん楽しめていたことを楽しめなくなってしまい、睡眠も重篤に障害され、生活のあらゆる面に問題の生じる深刻な病気です。うつ病に襲われても、本人は自分に何が起きているのか分からないこともしばしばです。


▼うつ病は治る病気です!

『なんとなく、うつ病と診断されるのは、恥ずかしい…』とか、『他人から精神的に問題があると思われたくない』といって、落ち込み方がひどい症状や、長くブルーな気持ちで落ち込んでいるということを誰にもいえず悩んでいる方もいらっしゃいます。

うつ病は4人に1人かかるとも言われているありふれた病気で、しかもきちんとした治療を受けることで治る病気ですので、気軽に神経科を受診してみて下さい。


関連リンクでは、うつ病に関連した記事を集めてみました。

<All About関連記事>
・もしかして私はうつなの?-うつ病かどうか自己チェックできます。
・うつ病は放置しては危険!-うつ病の症状や治療法について詳しく解説しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項