うつ病は、心の風邪という別名があるほど、身近な病気です。気分の落ち込みが特徴で、精神疾患の中では、気分障害に分類されます。それでは、うつ病になったら、どんな症状が現れるか見てみましょう。

●症状:うつ病になったら

以下の症状が代表的なうつ症状です。
1.気分の落ち込み、憂鬱
2.今まで楽しめていたことが楽しめなくなる
3.食欲、体重の変化
4.睡眠障害
5.活動性に変化
6.疲労感
7.自分に自信がなくなり、自分を責めてしまう。
8.集中力の低下
9.死にたくなる

次に、どのように、うつ症状が現れ、こじらせてしまうか、例を通じて見てみましょう。

●具体例

36歳の弁護士の男性が、睡眠薬を大量服薬した後、精神科の受診となりました。経過は以下の通りです。

数ヶ月程前に、新居に引越した後、次第に、疲れやすく、寝つきが悪くなり、朝、起きた時、すっきりしなくなり、好きだったゴルフの回数も減り、休みの日は、部屋に引きこもりがちになりました。顧客の話にも集中できず、うわの空できいてしまうこともありました。

そうしているうちに、ここ数週間、仕事のスケジュールがつまり、疲れはてて、落ち込んでしまい、眠れない夜が続くようになりました。仕事の能率も落ち、自信がなくなり、家庭でも、家族と会話を交わすことが減り、家族へのケアもかけ、たまりかねた妻が離婚をほのめかすようになりました。

この例では、うつ症状として、疲労感、集中力の低下が見られ、それらは一時的な変調ではなく、数週間と持続しています。睡眠障害も顕著で、睡眠薬の大量服薬による自殺未遂にまで至り、仕事、家庭面でも、問題が生じています。うつ症状の原因となりうる身体疾患(甲状腺低下症など)や、アルコール依存なども、ありませんので、うつ病と診断されます。それでは、うつ病と診断されたときの治療を見てみます。

●治療:うつ病と診断されたら

治療としては、効うつ薬による薬物療法が中心です。効うつ薬の種類、量は、患者さんがベストのレスポンスが得られるように考慮されますが、近年はSSRIといって、脳内の神経伝達物質であるセロトニン系に作用する薬が主流です。効果の発現までには時間が必要で、3~4週間かかることもあります。

---------------------------------------


最近、どうも仕事の能率が落ちたとか、週末の外出が減り家で過ごすことが多くなっていませんか?これらは、しばしば、うつ病のサインです。最初に述べたように、うつ病は、心の風邪といいますが、こじらすと上記の例のように大変です。もしも、ご自身で、上記の症状に該当する事がありましたら、精神科で相談されてみたらどうでしょうか?

<AllAbout関連記事>
もしかして私はうつなの?
朝日を浴びて気持ちのよい一日を
うつ病リンク集

<関連サイト>
・UTU-NET
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項