しみにはどんな種類があるかを教えて!
代表的なものは5種類

しみにもいろんな種類があります
しみにもいろんな種類があります
・老人性色素斑
いわゆる、「日光でできるしみ」です。紫外線がメラノサイトを刺激することでできるしみです。一番多いタイプですね。

・そばかす(雀卵斑)
白人の方に多く、遺伝が関係するといわれます。日本人だと色白の方にできるようです。

・肝斑
女性ホルモンの影響でできるといわれています。
30代以上の女性に見られ、妊娠によって変化することも。
昔は肝臓が悪いとできると考えられていたため、この名前がありますが、いまは肝臓とは関係ないことがわかっています。
典型的なのは、左右対称でほほに、雲が広がったようにできるもの。黄色人種に多いとも言われます。

・炎症性色素沈着
にきびややけど、虫刺され、あっていない化粧品などで炎症を起こした後に色が残ってしまうものです。

・対称性真皮メラノサイトーシス
聞きなれない名前ですが、いわゆる「大田母斑」という青あざが顔にできるものです。


しみの治療はどんなものがあるの?

一番しみの原因で多いものは紫外線ですので、もちろん、紫外線を避けるのが一番しみを作らない方法です。

しかし、できてしまったしみに対し、皮膚科では
・レーザー治療
・ピーリング
といった治療を行います。(保険適応外)

また、ビタミンCの内服でしみが薄くなるとも言われています。

ただ、しみの種類によって、効果的な治療が違います。例えば肝斑はレーザーを当てるとかえって悪化してしまいますので、とりあえず、自分のしみがどんなしみであるかを知る必要があるかもしれません。




*関連おすすめINDEX*
  • 日焼け後のスキンケアを教えて!
  • 今から始める乾燥肌対策1
  • 今から始める乾燥肌対策2
  • スキンケアfrom AllAbout
  • アンチエイジングfrom AllAbout
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項