本来だったら10月~2月がお肌が一番乾燥する季節。でも、最近はエアコンのおかげで夏でもお肌は乾燥気味。冬にかさかさお肌にならないために乾燥肌対策、今から始めてはいかがでしょうか。

まず、お肌の構造をしっかり理解するところから始めましょう!

大人はみんな乾燥肌!?

大人はみんな乾燥肌!?
大人はみんな乾燥肌!?
赤ちゃんのお肌はみんなプルプル、でもお年よりのお肌は乾燥しがち。冗談で『シャワーでだんだんお肌が水をはじかなくなる』なんてお話聞きますよね。でも、残念ながらこれはホントの話。

女性では、だいたい25~30歳くらいから水分を保持する機能が減ってきて肌が乾燥するといわれています。男性ホルモンの減少に伴って皮脂の分泌が減るからとか、(後ででてきますが)細胞間脂質の一種であるセラミドが減るからなどといわれています。

そして実は肌の乾燥のサインはまず、すねやかかとに表れます。人によっては痒みを伴うこともあります。ちなみに男性では大体50歳くらいを過ぎると表れだすことが多いようです。


皮膚の役割

それでは今回はまずお肌の構造をしっかり理解しましょう!下の図をご覧下さい。
お肌の構造

ひとのお肌を拡大して見たものです。皮膚には表皮と真皮があり、その下に脂肪などを含む皮下組織があります。皮膚の役割を簡単に書いておきますね。

  • 体の保護(異物、紫外線、ばい菌などから体を守ります)
  • 水分の保持(体から水分が蒸発しないようにします)
  • 体温調節(汗腺をしめたり緩めたりして汗をかくことで。また皮下脂肪は体から熱が放散されるのを防ぎます)
  • 感覚センサー(熱さ、痛み、モノに触れる感覚、圧力、冷たさなどを感じるのは皮膚のおかげなのですね)

    ちなみに体の中でも皮膚の厚さはいろいろ。まぶたは0.1mm弱、額は0.4mm、足の裏になると2mmもあります。また個人差、男女差もあり、女性のほうが男性よりも薄いようです。余談ですが、お肌の重さは平均3キロ!で脳より重いのですね。



    詳しい表皮の構造~水分を保つしくみ

    それでは表皮の部分をもっと拡大してみましょう。

    皮膚は約1ヶ月で入れ替わります!
    皮膚は約1ヶ月で入れ替わります!
    表皮の細胞は下から押し上げられて皮膚の表面に上がってきて、約1ヶ月くらいで入れ替わります。それが皮脂やほこりと混じっていわゆる『アカ』となって剥がれ落ちるわけなのですね。

    表面には『皮脂膜』という膜があり、ちょうどラップの役割をして水分を逃さないようにしているわけです。この膜は主に汗腺から分泌される水分と皮脂腺から分泌される脂分が皮膚の表面でミックスされたものです。

    でも、水分を保つ仕組みはそれだけではないのです!良くご覧下さい。角質層の中には角質細胞という皮膚細胞があります。これは皮膚細胞の最後の姿ですね。そしてその中には天然保湿因子(NMF:natural moisturizing factor)といわれるものがあり、水分を保持しています。さらに角質細胞間には細胞間脂質というものがあり、コレも水分を逃さないようにしています。ちなみにお化粧品によくでてくる『セラミド』というのはこの細胞間脂質の一種です。


    いかがでしたでしょうか。一言に『皮膚』といってもこんなに複雑な方法で水分=うるおいを逃さないようにしているのですね。次回は皮膚の乾燥を防ぐ注意点と食べ物についてお送りします!



    *関連おすすめINDEX*
  • "日焼け後のスキンケアを教えて!
  • 今から始める乾燥肌対策2
  • スキンケアfrom AllAbout
  • アンチエイジングfrom AllAbout
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項