冷え性には「とうがらし」が効果的?

とうがらしで体が温まる?
とうがらしは、夏バテで食欲が無い場合の食欲増進にも役立ちます。
温シップの成分としても使われている「とうがらし」のカプサイシン。このカプサイシンはとうがらしの辛み成分で、体温を上昇させる働きがあり、皮膚の血流も促進させると言われています。作用は一時的ですが、こうした特徴を利用し、日常とうがらしを摂ることで、冷房によって体が冷えてしまい、体温の調節機能が低下してしまった状態に良い影響を与えることが期待できます。

とうがらしは、粉末、乾燥のものなどいろいろありますが、摂取して体が温かくなったあと、少し冷える感覚があるかもしれません。ですから、帰宅後に冷房の設定温度を上げ、根菜スープなどの中にとうがらしを少し入れて、夕食として摂ると良いかと思います。根菜も体を温める効果があります。とうがらしは、適量の場合は食欲増進になりますが、摂りすぎると胃に過剰な刺激を与えてしまいますので注意しましょう。

足が冷えた時、洗面器に張った湯に足を浸ける「足湯」をすると良いと言われていますが、この足を浸ける湯の中に、カットしたとうがらしを浮かべると温まる効果がある、という話もあります。昔から伝わる方法のようです。とうがらしの成分を皮膚に付ける際の注意点は、肌の弱い人はとうがらしの量を少なめにして試してみることです。



食事の中にとうがらしを取り入れることを習慣化するのは、なかなか難しいかもしれませんので、とうがらしの入った調味料を利用すると良いと思います。豆板醤や七味唐辛子、チリソースなどを使い分けると、とうがらし入りメニューも増えそうですね。



*夏の冷え性は秋までに撃退!  関連リンク*
  • 脱・クーラー病! 真夏の徹底冷え対策
    from All About[肩こり・腰痛]
  • 30秒でほぐす! 肩こり進行度チェック
    from All About[肩こり・腰痛]
  • 初級編 アクティブヨーガで腰痛予防!
    from All About[肩こり・腰痛]
  • 上司が原因で肩こりに?
    from All About[肩こり・腰痛]
  • 肩こりの原因と解消法
    from All About[肩こり・腰痛]
  • 肩こり知らずのパソコン利用法
    from All About[肩こり・腰痛]
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項