冷えと疲れ予防の基本はエアコン調整!

natsuhie1.jpg
除湿も冷房と同じように体を冷やします
夏の冷えと疲れを予防するには、まずはエアコンの調整。最近、温暖化対策でエアコンを28℃に設定しようという運動がありますが、これは地球に優しいだけでなく体にも優しいこと。

室外と室内の温度差は5℃以内が理想的と言われています。暑い日ほど、室内のエアコンは高く設定すべきなのです。最低でも25℃以上にしたいところ。

さらに、外から帰ってきたら、汗をしっかり拭き取ること。着替えを持っていくのもいいですね。そして汗で出た分の水分を摂ります。冷えすぎたものや甘いものはなるべく避けましょう。一気飲みも厳禁。1回量は150~200ccほどにしてゆっくり飲むのが効果的。

寝るときは、必ずタイマーをかけて。1時間程度が目安となります。アイスノンを使うのもよいですね。頭寒足熱といいますが、体は冷やさないように。また、シーツを寒色系にするなど、見た目でも涼しげにするのもお勧めです。

まずは、エアコンを25℃以上に温度設定して、夏の冷えと疲れを予防をしましょう!

次回6月15日の記事は、夏の冷えと疲れ対策第2弾。夏を元気に過ごすために1日1杯は摂りたい食べ物をご紹介します。お楽しみに!


【 関連リンク 】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項