野菜不足が嘆かれる昨今、野菜の力で疲れ知らずの元気な方たちがいます。今回は、野菜の料理教室「another~kitchen」主宰の浅倉さんにインタビューをしました。簡単でヘルシーなおやつレシピも教えてもらいましたので、ご紹介しましょう!

<INDEX>
どうして? 野菜にこだわるワケとは? ……1P
レシピを増やせば、野菜嫌いも克服!? ……2P
とっても簡単! アイデアひとつで楽しくなるおやつレシピ ……3P

どうして? 野菜にこだわるワケとは?

asakura.jpg
「another~kitchen」主宰の浅倉さん
浅倉さんの料理教室では、肉・魚・卵・乳・砂糖は一切使わないといいます。自らもベジタリアンとのこと。では、早速インタビューをご紹介しましょう。

ガイド:料理教室のコンセプトを教えてください。
浅倉さん:簡単、おいしい・ヘルシーがコンセプト。自分も3人の子どもを育てながら働いているので、働くお母さんの大変さはよくわかります。あかちゃん片手にできる料理を伝えたいと思っています。
ガイド:料理教室は、毎回キャンセル待ちが出るほどの人気だとか。
浅倉さん:生徒さんはほとんどがリピーターです。料理教室をしていて気をつけていることは、「体によくない」など否定形のことは言わないこと。ヘルシーさを目指しているのに、そこへたどり着けない、ストイックになりきれない人へ紹介したいと思っています。

ガイド:浅倉さんは、どうしてベジタリアンになったのでしょうか?
浅倉さん:助産院で出産したときに、菜食を勧められ、それから野菜の魅力にはまっていきました。
ガイド:ベジタリアンというとストイックなイメージですが、浅倉さんにはその印象はありませんね。
浅倉さん:ストイックなベジタリアンではなく「ゆるベジ」だからだと思います。ムリはせず自分の楽しめる範囲でやる。がんばりすぎてストレスをため込んでは、逆にカラダによくありませんしね。

ガイド:ベジタリアンになって変化したことは?
浅倉さん:カラダに疲れがたまらないので、ココロの疲れもぐんと減って、毎日が楽しくなりました。ベジタリアンの知人たちは皆明るく、年齢より若く見える人ばかりですよ。

自らも3人の子どもを持ちながら、平均の休日は月に3日だけという浅倉さん。それにいつもすっぴんということですが、肌がとってもきれい! パワーの秘訣は野菜にありそうです。

野菜=健康にいいということは、皆が知っていること。だけど、知っていても、毎日の生活に取り入れるのは、なかなか難しいのが現実。そんな人たちに、浅倉さんからアドバイスが!

早速、次のページで、浅倉さんからのアドバイスをご紹介します!