加熱調理をしっかりと!

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/2/9/9/7/4/2/yakiniku_01.jpg
肉を焼くときにはトングを使おう!
キャンピロバクターは通常の細菌なので熱に強くありません。焼肉屋でもしも菌が汚染されていても加熱調理をすれば菌は死んでしまいます。うっかり生肉を触った箸を使わないために、トングを使って肉を網にのせましょう。網から肉を取る時には、別のトングの先を加熱して取り分けましょう。

ただし肉をいくら加熱調理をしていても、生肉を調理したまな板で、すぐにキムチなどを切り分けて調理した場合は、残念ながら予防しきれません。ここだけは不可抗力です。


夏はブデチゲはいかが?

eye_rinse_01.jpg
ブデチゲは米軍の食材と韓国料理の融合した鍋!
夏バテ予防のために韓国料理と考えるのならば、焼肉以外の選択も可能です。ブデチゲは部隊チゲが語源とされています。キムチチゲに米軍が持ち込んだ食材、ランチョンミート(スパム)、ソーセージ、チーズなどを加えた韓国風鍋料理です。肉類はすべて一度加熱調理した食材を用いているので、汚染された肉による食中毒の可能性はない韓国料理です。


キムチ、コチジャン、韓国唐辛子(一味唐辛子)用意すれば、一般家庭でも簡単に調理可能です。

関連記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項