物が詰まったままだとどうなる?

歯間
そのまま放置すると治療の際も苦労することが多い
歯に物が詰まったままになると次のような症状が現れることがあります。
  • 噛むと痛む

  • 歯の間に物が詰まったまま食事をすると、歯と歯の隙間からさらに新たな食片が押し込まれるようになるため、歯茎に痛みが出ることがあります。

  • 歯がしみる

  • 食べ物が詰まると歯茎も押し付けられ、歯の根元を露出させることがあります。そのためわずかな刺激でも根元から敏感に伝わるために、歯がしみるようになります。

  • 虫歯になる

  • 歯に物が詰まったまま放置すると、たとえ治療済みの部分でも、数ヶ月もしないうちに虫歯になってしまうことがあります。

  • 歯周病に悪影響

  • 通常の歯周病の数倍の短期間で、歯周病を悪化、促進します。歯茎が炎症を起こしたり歯茎の形まで変わってしまうこともあります。


歯に物が詰まるとその時は気になっていても、次第に慣れてしまい、そのまま放置しがちです。後になって大きなトラブルに結びつくことも多いので、病院で相談したり、こまめに取り除く癖をつけるようにしましょう。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項