歯周病菌から身を守る!

骨吸収
歯茎の中に歯石が付いてしまったら、病院で取ってもらうしかありません
普段の生活では、歯茎が腫れなくても、疲れたが溜まったときなどに、歯茎が腫れ、少し経つと落ち着いてくるというのが、中度以上の歯周病の良くある症状です。

この原因で考えられるのは、歯周病菌が引き起こす、体への攻撃に対して、体の抵抗力が強ければ、慢性的な状態で経過しますが、体の抵抗力が落ち、歯周病菌の攻撃が優位になると、歯茎の腫れや痛みなどが起こる急性状態になるからです。

腫れや痛みがないからといって安心せずに、毎日の歯磨きをしっかり行ない、定期的な歯周病の検診を受けるなど、目に見えない歯周病菌に対して注意を払うことが、歯周病が引き起こすかもしれないさまざまなリスクの低減に役立つのです。



-関連リンク-
「歯周病のウソ? ホント! 」
「歯周病を悪化させるスパイラルとは? 」
「歯周病?年齢別「歯茎の出血」対処法! 」
「陥りやすい!歯磨き後の出血蟻地獄とは? 」
「効率的な歯磨きの方法とは?」
「口の時限爆弾? 「隠れ歯周病」にご用心! 」
「歯周病!薬で治る?治らない? 」
「歯の治療のウソ?ホント! 」
「口内炎?実は歯肉のオデキは歯からのサイン 」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項