歯周病とは、痛みもなく少しずつ口の中で進行して、最後には歯をグラグラにしてしまう病気です。しかし口の中は「閉じていれば、他の人にわからない世界」のため、問題がついつい先送りにされがちです。そのため、気がつかないうちに加速度的に歯周病が進行しやすい、スパイラル状態を作ってしまうことがあります。今回はこれらの事について解説します。


歯周病の歯肉の特徴

歯肉の内部
歯周病が原因で歯肉が腫れる場合は、歯の根の周囲の汚れや歯石が原因のことが多い
歯石や汚れが、大量に歯と歯肉の境目にこびり付いてしまっている場合、ほとんどの歯肉は赤く腫れてしまいます。その他にいくつかの症状が見られます。
  • 歯肉から血が出る
    歯周病が進行すると、歯を磨くときや食事の時など、炎症が起きている歯肉は僅かな刺激でも簡単に出血します。

  • 歯の周りの歯肉が時々腫れる
    痛みもなく、歯肉がポコッと腫れてくることがあります。腫れた部分を舌で押すと膿が出てくることもあります。

  • 歯がうずく
    歯肉がむずがゆい感じがして、歯が浮き上がっている感じがすることがあります。

  • 水がしみる
    歯肉と歯の間にできている溝が、歯の根元の方向に深くなるため、敏感な歯の根の部分が水などに触れてしみ易くなります。

  • 口臭が強くなる
    汚れや細菌の量が多ければ、それだけ臭いが強くなり、さまざまな口臭がするようになります。
出血の原因になるのは、歯の周りに付いている歯石やバイオフィルム(細菌のこびり付き)が引き起こす炎症です。炎症を起こすと出血しやすく、歯がしみ易くなったりします。



歯周病を悪化させるスパイラルとは?

歯周病が、悪化しやすいパターンとしては、

  1. 歯石やバイオフィルム(細菌のこびり付き)が歯の周囲に付着する
            ↓ 
  2. 歯肉が腫れて出血しやすくなる
            ↓ 
  3. 歯磨き時に血が出たり、水がしみたりするので歯磨きしたくなくなる
            ↓ 
  4. 汚れが取り残されさらに歯石やバイオフィルムがさらに増える
 
「血が出るのは、歯磨きのしすぎ?」と思い込むことも多く、一度悪循環に入り込むとなかなか抜け出すのが難しく、重症化しやすくなります。歯周病が進行すると、炎症も増大してしまうため、僅かな治療の刺激でも痛みを感じやすく、治療自体も辛くなりがちです。

>>このスパイラルから抜け出すためには…>>