詰め替えのリスクとは?

詰め替えの際にリスクとなりそうなことには、次のようなものがあります。
歯の詰め物の色
変色しても虫歯になっていないことも多い


  • 歯を削る

  • 詰め替えの際、その周囲の歯を削る場合もあり、頻繁に詰め替えると、詰め物の面積がだんだん増える可能性があります。

  • 痛くなる

  • 以前の虫歯治療の際、ぎりぎりで神経を残してある場合など、その深く大きな詰め物を削って外すと、それまでの安定していたバランスが崩れ、削る刺激などが原因となって痛みが出る可能性があります。

  • 色があまり変わらない

  • 色の違いや変色の程度がごく僅かな場合、詰め替えたとしても完全に歯との色合いを一致させられない場合があります。

  • 繰り返す可能性

  • 白い樹脂は、その素材の性質でたとえ詰め替えたとしても、ある程度年数が経過すれば、再び色が変わってしまう可能性があります。


白い樹脂は、どうしても年数が経過すると、変色が気になるようになります。審美的メリットを重視して、短いサイクルで詰め替えるのか? 虫歯治療という機能面から、変色しても機能は変わらないのでそのままにするのか
? 詰め物の変色が気になる場合には一度かかりつけの病院などで、相談することをオススメします。


-関連リンク-
「歯の被せ物……歯を削ってから被せるワケ 」
「笑顔を若返らせる! オトナの審美歯科 」
「気になる歯の形…歯の奇形はトラブルの元? 」
「白い歯になりたい!初めてのホワイトニング 」
「肌年齢より気になる「歯年齢」をチェック! 」
「歯の根元が削れてきたけど……大丈夫? 」
「今さら聞けない!?歯に光を当てるのはなぜ? 」
「保険vs自費!白い被せものの違いは何? 」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項