そういえば最近、以前治療した白い詰め物が変色したような気がする……。そんな風に感じたことありませんか? 今回は、歯の詰め物の変色についてガイドが解説します。


そもそも歯の白い詰め物って?

CRレジン
歯の詰め物はセラミックではないため、変色することがある
虫歯を取り除いた後に白い樹脂を埋めて、光を当てるなどして固める治療は、病院で毎日のように行なわれています。このとき使用されるのが、光硬化性の接着性レジンと呼ばれる高分子材料です。

虫歯の穴に詰めるレジンは、噛み合せに耐える強度と、磨耗しない耐久性などをアップさせるため、ベースとなっているペースト状の樹脂のなかにフィラーと呼ばれる非常に細かく硬い粒子が配合されています。このフィラーは、コンクリートを作る際に砂利を混ぜる効果と同じような働きをしています。

最近の虫歯治療は、ただ詰めるだけでなくいかに残された周囲の歯と接着させるかが、大変重要なポイントとなっています。


歯の詰め物が変色するとき?

歯の詰め物の色が目立つようになってくるのは、次のよう原因が考えられます。

  • 虫歯

  • 詰め物内部やその周辺に虫歯があると、詰め物が暗く見えることがあります。内部の虫歯を綺麗に取り除いてから詰め替えます。

  • 劣化

  • 詰め物自体の劣化などが原因で、色が濃い色に変化することがあります。この場合表面を綺麗に磨いても、内部まで変色していることが多いので、色が気になるのであれば詰め替えとなります。ただ新しい詰め物ほど、劣化に対しての耐久性は向上しています。

  • 着色

  • 詰め物の表層の研磨が不足していると、表面が着色されて色が変色している場合があります。表面を僅かに削り磨くとそれほど目立たなくなります。

  • 段差

  • 詰め物と歯の表面にごく僅かな段差があると、段差の部分に着色が起こり、歯と詰め物の境目に沿って線が入り、詰め物が目立つようになることがあります。

  • ホワイトニング後

  • 歯のホワイトニングでは、詰め物の樹脂や金属、セラミックなどは、以前の色のまま残るので、ホワイトニング後にこれらの色が目立つことがあります。

  • 色の不一致

  • 周囲の色合いや、歯の表面での光の反射によって、歯と詰め物の色が異なって見えることがあります。前歯などの歯の間の詰め物などは、色をあわせることが難しく、完全に一致しないこともあります。

「色が気に入らなければ何度でも…」と考えがちですが、そんなに単純ではありません。次のページは、詰め替えのリスクとは?に続きます。