目の愛護デーは60年以上の活動


カラコン
あなたの目の健康を見直すチャンス
1947年に中央盲人福祉協会が定めた「目の愛護デー」ですが、現在は毎年、厚生労働省が主催となり全国で目の健康を促す活動がされたり、目の関連企業や団体がイベントを開催したりしています。

「10を二つ並べて横にしたときに、眉と目の形に見える」ことから、この日に決められたという記念日、今年はどんな活動が予定されているのか、ご紹介します。

■社団法人 日本眼科医会「守ろう、眼の健康」

各都道府県で、一般の方々を対象に様々なイベントが企画されています。東京を例にとると、10月12日に眼科の無料検診が予約制でうけられるようです。詳細はこちらの日本眼科医会ホームページからどうぞ。


■参天製薬

目の愛護デー標語大募集(2008年10月31日 締め切り)
参天製薬では、アイケアを心がける標語を20文字以内で募集しています。応募者のなかから優秀賞にはプレゼントがあるようですので、参加してみてはいかがでしょうか。


■緑内障フレンド・ネットワーク

“ピーコさん”が語る「目の健康の大切さ-早期発見できる緑内障」

10月9日(木) 東京メトロ銀座駅「銀座オアシス」でファッション評論家のピーコさんのお話を聞いたり、視野チェック体験など緑内障啓発イベントを開催されるそうです。地下鉄駅構内ですので、お気軽にちょっとお立ち寄りになってはいかがでしょうか。

そして、あなた自身の目の健康について、適切な情報を得たり、日々の目の健康管理について考える機会になればいいですね。


【目の健康 オススメ人気記事】
 1位: 「乱視とは? 自分でできるセルフチェック」
 2位: 「まぶたのピクピクを治すには?」
 3位: 「オフィスで1分!癒しの無料動画」
 4位:「3分間ツボ刺激が疲れ目に効く!」
 5位:「 【目の美容】あなたの目のくまタイプは?」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項