「疲労回復には甘いものや肉が効果的」はウソ?

お弁当を作る母親と息子

毎日の食事で疲労を解消できると嬉しいですね

みなさんは疲れている時、食事に気を遣うようにしていますか? 「糖分を摂って血糖値を上げれば元気になる」「疲れているから肉を食べてパワーをつけよう」と考える方は多いかもしれません。

しかし、その判断は疲労を増大させる原因になる恐れがあるため注意が必要です。甘いものや食べ過ぎが招く、慢性疲労について解説します。

甘いものの食べ過ぎはNG! 血糖値やビタミン不足の原因にも

syoku.jpg.JPG
甘いものがやめられない?
疲れたときに、甘いものが欲しくなった経験はありませんか? 「チョコレートを食べると集中力が上がる!」と言って、試験前には皆でチョコレートを食べたものです。運動をした後は、疲れを取るために、ペットボトルの清涼飲料水を飲んでいるという方もいるでしょう。

糖分がたくさん入った甘いものは、血糖値を急激に上げることが知られています。血糖値の上昇で集中力は上がるかもしれませんが、その作用は一時的。体は急激に上がった血糖値を下げるように働くため、血糖値が下がりすぎて低血糖の状態になり、体のだるさや集中力のなさ、無気力、いらいらなどを起こしてしまうのです。

体は甘いものを食べれば血糖値が上がって楽になることを知っているため、低血糖の状態になると、どんどん甘いものが欲しくなってしまいます。甘いもの好きの方は、この悪循環に陥っているのかもしれません。

さらに、ビタミン不足による疲労もあります。糖分や脂肪をエネルギーにする際に、ビタミンB群を使います。甘いものを摂り過ぎるとビタミンBがたくさん使用されるため不足し、疲労を感じやすくなってしまいます。

食べ過ぎ・飲み過ぎは疲労や体調不良の原因に?

syoku3.jpg
宴会続きで風邪を引いてしまうことも!
疲労を増大させてしまうのは、甘いものだけではありません。食べ過ぎた次の日、体が重くてだるく感じたり、栄養をつけようとお腹いっぱい食べているのに風邪を引いてしまったりしたことはありませんか? なぜ、食べ過ぎると疲れがでるのでしょう。

食べ過ぎのデメリットは諸説あり、民間療法的な考え方で、毒出し反応として発熱や風邪と同じ症状が出る、血液中に老廃物が溜まるためそこにウィルスがつきやすくなって風邪を引く、などと考えている方もいるようです。実際には、胃腸への負担が高まることが原因でしょう。胃腸は12時間以上という長い時間をかけて日々消化をしています。食べ過ぎや飲み過ぎは、そんないつも休みなく働いている胃腸にさらなる負担をかけてしまい、消化不良疲れの原因になってしまうのです。

食べ過ぎてだるいと感じる人は、次の食事の量を減らしてみても良いかもしれません。ただし、食事を抜いてもいいかもしれませんが、抜いた後の食事を食べ過ぎては意味がありませんので注意してください。疲労を回復する食材や食事のポイントについて詳しく知りたい方は、管理栄養士が解説する「疲れやすい人は食事で体質改善」や「管理栄養士が解説!疲労回復のための栄養学知識」をあわせてご覧下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項