本はあなたの力になる!

 昨今、サプリメントを利用する人々が徐々に増えてきた事で、サプリメントに関する本が書店で多く見受けられるようになりました。

 一重にサプリメントの本といっても、栄養士、サプリメント専門科、医師など様々な職業の人によって書かれているため、その種類も豊富に存在します。それらの本は、しばしばサプリメントを利用する人々の教科書となるので、興味を持ったとしたら、一冊手にとってじっくりと読んでみてはいかがでしょう?きっとあなたの健康に関する知識の手助けをしてくれるはずです。

 そんな感じで、今回はサプリメントに関する本をいくつかご紹介したいと思います!


30年も前からサプリメントを摂っている・・・!!

若々しい人、老ける人
佐藤 富雄 著

 サプリメントが日本に到来して、まだわずか。したがって、サプリメントを長年摂り続けた経験を語れる人物には、そう簡単にお会いできるものではありません。そんな中、30年も前からサプリメントを摂り続けている人がいました!
医学博士、農学博士、そして理学博士として、現在、全国を講演会で駆け回り、多忙な日々を過ごす71歳()、佐藤富雄先生です。

 佐藤先生はどういう人物か説明しますと、65歳までに3ヶ所の大学、大学院に通い、農学の博士号と経営学修士号を取得しています。大学に通うなんて、20代でなきゃ無理、なんて考えていたあなた。とんでもありません。佐藤先生を見ていると、生きている限り何でもいいからチャレンジしなければ損!という気にさせられます。佐藤先生の中では“あきらめ”という言葉はまったく存在しません。
 また、43歳の誕生日からジョギングを始め、そしてそれからというものの、毎日サプリメントを飲み続けている、正真正銘のサプリメントビリーバー。20歳若返りたいと思うのであれば、身体と心が若返るように色々なことを心がけることで実現可能、と佐藤先生は言われます。


若さは心と身体の健康から!!

 佐藤先生の著書の1つ、「若々しい人、老ける人」の主な内容はアンチエイジングです。本では、体内に栄養素を取り入れ若さを保つことと、心の部分から若さを保つこと、双方から言及しています。
また、アンチエイジングのためにしばしば利用される栄養素が解りやすく記されています。30年間サプリメントを利用しつづけた経験をもとに、「どのような場面で、どのようなサプリメントを利用すれば良いのか」ということが書かれているので、とても実用的です。
 また、サプリメントの本場、アメリカのサプリメント事情にも触れています。

 マリー秋沢お薦めのサプリメント本です!ぜひ、読んでみてください!!


次のページでは心のサプリメントになる本をご紹介します! >>