<CONTENTS>
 

  • 善玉コレステロールって何?-p.1
  • 善玉コレステロールの増やし方-p.2
     

    いわゆる善玉コレステロールの値はメタボリック症候群の基準に入っています。という事は善玉コレステロールが低いとメタボリック症候群と言われる可能性が高くなります。今回、薬に頼らない善玉コレステロールの上げ方について解説します。

    脂溶性のコレステロールが血液に溶けているのはなぜ?

    HDL粒子が善玉。これが体内にあるといいんです!
    コレステロールをわかりやすくするために善玉と悪玉に区別しています。実際はそれほど単純ではありません。ところでコレステロールは脂溶性の物質です。このままでは血液には溶けませんね。どうやって血液に溶けているのでしょうか?実は血液中に蛋白質に包まれた粒子(リポ蛋白)として溶けているのです。この粒子には大きく三種類あります。
    このうちコレステロールを多く含む2つの粒子に含まれているコレステロールを善玉と悪玉と便宜的に呼んでいるのです。

    そもそも善玉コレステロールって何?

    いわゆる善玉コレステロールはHigh Density Lipoproteinに含まれています。これを日本語に訳すと高密度リポ蛋白となります。いわゆる悪玉コレステロールはLow Density Lipoprotein(低密度リポ蛋白)に含まれています。本来は比重の違いにより脂質を含む粒子を分けています。ただ一般に説明する時には密度の違いでは分りにくいので善玉コレステロールと悪玉コレステロールと説明しています。善玉コレステロールを上げるという事はHigh Density Lipoproteinの粒子を増やすという事を意味します。

    >>善玉コレステロールの増やし方はどうすれば良いのでしょうか?詳細は次ページで紹介します>>