派遣ってどんな働き方?

人間関係  
派遣で働くとは派遣会社と雇用契約を結んで派遣先で働くことを意味します
派遣(労働者派遣)とは働き方のスタイルのひとつです。企業の中には正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなど様々な雇用形態で働く人が混在し、それぞれに与えられた業務を遂行しています。その点ではどの働き方も同じですが、正社員、契約社員、パート、アルバイトは企業と直接雇用関係があるのに対し、派遣は仕事をする企業と直接雇用関係はない点で大きく異なります。派遣は派遣会社と雇用関係を結び、派遣された企業で仕事をします。

派遣は直接雇用に比べると複雑な仕組みに見えますが、難しくありません。順を追って確認していきましょう。初めて派遣で働く場合は、基本事項を押さえておけば安心です。自分の立場や状況を把握しておくことは、働く上での適切な心構えを持つことに加えて、迷った時やトラブル時のすばやい対処が可能。

仕事上の質問は仕事をしながら聞けば良いのは分かりますが、仕事内容に不満がある時や、給与や契約に関する疑問などを誰に話せば良いのかなど、働き始めると分からないことも出てきます。雇用関係の構図が分かれば、自然と答えが出るので、話す相手を間違えなければ不要なトラブルを避けることもできます。

派遣スタッフは派遣会社と雇用関係を結ぶ

雇用関係図
派遣スタッフ、派遣会社、派遣先の雇用関係図
派遣で働く場合、雇用契約は派遣会社と結びます。ただし、派遣会社で働くのではなく、派遣先といわれる派遣会社から紹介された企業で仕事をします。正社員で例えると籍は本社にありながら、関連会社で仕事をする出向のような働き方。派遣会社が派遣先を一方的に決めるのではなく、こちらから提示した希望や条件に合った企業を紹介され、その中から選ぶことができます。派遣スタッフのスキル等が派遣先企業の希望に合致すれば面談をし、両者の意志の最終的な合意のもとで仕事がスタートします。派遣という働き方は派遣スタッフ、派遣会社、派遣先それぞれが関係を持ちます。