プレゼンには、聞き手がほっと一息つけるような演出も大切です。そんなときに効果的なのが、下図のようなイラストを使った「絵グラフ」です。
車の販売台数を車のイラストを積み上げて表している

内容に合ったイラストを積み上げることで、グラフがより伝わりやすくなります。また、イラスト1個が表す単位を設定できるため、数値の大きさを見る目安にもなります。

「魅せるグラフ」シリーズの第3回目は、PowerPointで絵グラフを作成する方法を解説します。

シンプルなイラストを用意する


絵グラフを作成するときのポイントは、できるだけシンプルなイラストを使うこと。イラストが縮小されて積みあがるため、複雑なイラストを使うと、イラストが何を表しているのかがわかりにくくなるからです。
ここでは、Office製品に付属する「クリップアート」のイラストを利用します。

画面下部の「図形描画」ツールバーの「クリップアートの挿入」ボタンをクリックし、「クリップアート」作業ウィンドウを表示します。次に、「検索」ボックスにキーワードを入力して「検索」ボタンをクリックします。
ここでは、車の販売台数のグラフに合わせて「車」のキーワードで検索した

ここでは、車の販売台数のグラフに合わせて「車」のキーワードで検索した



検索結果の中から、できるだけシンプルな車のイラストを探し、クリックしてスライドに挿入します。
思ったようなイラストが見つからないときは、WEBサイトの無料の素材集を探してみるのもひとつの方法だ