アニメーションを連続して動かす

アニメーションを設定すると、スライドショーでクリックした時点で初めて動き出すようになっています。しかし、文字が消えてから再び表示されるアニメーションは一連の流れとしてスムーズに動いたほうがきれいです。クリックしなくてもアニメーションが動くように、最後の仕上げを行いましょう。

ここでは、文字が消えた後に自動的に文字が表示されるように設定します。まず、「アニメーションの設定」作業ウィンドウで、文字を表示するときの動きをクリックして選択します。

「開始」には「クリック時」と表示されていますね。この部分を変更します。「開始」の右端の▼ボタンをクリックし、一覧から「直前の動作の後」をクリックします。サブタイトルが表示される動きも、同様に開始のタイミングを変更しておきましょう。

開始のタイミングを変更する


アニメーションを設定したら、最後に必ず「スライドショー」で確認します。「アニメーションの設定」作業ウィンドウの右下にある「スライドショー」ボタンをクリックし、設定した動きや開始のタイミングの最終確認をしてください。

スライドショーが始まってクリックすると、タイトルとサブタイトルがふわっと消え、続けてタイトル、サブタイトルの順番で自動的に文字が表示されるはずです。

スライドショーが始まると、最初に文字がふわっと消える


アニメーションは、枠(プレースホルダ)単位にしか設定できません。もし、タイトルの文字に複数のアニメーションを付けたいときは、あらかじめ、別々の枠に文字を入力しておく必要があります。もし、どんなアニメーションを付けていいのかわからないときは、「アニメーションを付けない」という選択をする勇気も大切です。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。