条件付き書式の条件を設定しよう

まず、書式を設定したいセル範囲を選択します。ここでは、どの行の曜日も「土」「日」になる可能性があるので、セル範囲A4~B34を選択します。
セル範囲を選択

セル範囲を選択

セル範囲を選択したら、「ホーム」タブ→「条件付き書式」ボタン→「新しいルール」をクリックします。
「ホーム」タブ→「条件付き書式」ボタン→「新しいルール」をクリック

1.「ホーム」タブ→2.「条件付き書式」ボタン→3.「新しいルール」をクリック

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリックして、「次の数式を満たす場合に値を書式設定」の下のボックスに「=$B4="土"」と入力します。
「=$B4="土"」と入力

1.「数式を使用して、書式設定するセルを決定」をクリック→2.「=$B4="土"」と入力→3.「書式」ボタンをクリック


条件を入力するとき、「=」から入力するのが大きなポイントです。「=」が2つあって混乱してしまいそうですが、冒頭の「=」は、「数式が成り立つとき」といった意味の記号としてとらえるとわかりやすいでしょう。したがって、数式「$B4="土"」が成り立つとき、つまり「曜日の列(ここではB4)のセルが『土』」であるときに、書式を設定する、という意味になります。



なお、数式の左辺の「$B4」が複合参照になっていますが、これは、書式を設定する列がずれても、「条件の判定に使用する列(ここではB列)」を必ず参照させるために「$」を付けています。

>それでは、土曜日と日曜日の書式を設定していきましょう!