Excelで各月の日付を自動で入力する方法

Excelで各月の日付を自動で入力する方法」で作成したサンプルをさらに強化して、月のすべての曜日を自動入力するテクニックを紹介します。完成すると、年と月を入力するだけで、月のすべての日付と曜日が表示されるようになります。前回のテクニックと合わせて、ぜひ習得してみましょう!

すべての曜日を自動表示させたい

「Excelで各月の日付を自動で入力する方法」では、年と月を入力することで、月のすべての日付を自動入力するテクニックを紹介しました。今回は、月のすべての「曜日」まで自動入力するテクニックを紹介します。
曜日も自動入力させる

 


曜日を表す文字列を表示するには

日付データを使用して「曜日を表す文字列」を表示するには、TEXT関数を使用します。
※表示形式に指定する記号については、「ユーザー定義書式を制覇しよう(前編)」をご覧ください。


TEXT関数の1つ目の引数「値」に日付データを指定し、2つ目の引数「表示形式」に曜日の表示形式を表す「aaa」を指定することで、曜日を表す文字列が表示されます。

B4のセル:=TEXT(A4,"aaa")
セルB4にTEXT関数を入力

セルB4にTEXT関数を入力

セルB4にセルA4の日付の曜日が表示された

セルB4に短縮された曜日を表す文字列が表示された


表示形式に入力した「aaa」を書式記号といいますが、「aaa」は「曜日を短縮形で表示する」というように、書式記号ごとに意味が決まっています。ちなみに、短縮していない曜日を表示させたい場合は「曜日を表示する」意味がある「aaaa」を指定します。曜日を英語で表示する「dddd」、曜日を英語の短縮形で表示する「ddd」という書式記号もありますよ。