行エリアを2階層で表示する

行エリアや列エリアには、要素を2階層以上配置することが可能です。行エリアの要素と列エリアの要素を交換する過程で、2階層のレイアウトがチラッと表示されましたね。



ここでは、行エリアを「支店」と「営業担当」の2階層で表示してみましょう。「支店」の内訳として「営業担当」を表示したいので、「支店」を「営業担当」の左側へドラッグします。このときも、挿入位置に表示されるラインを確認しながら操作してください。



行エリアが2階層で表示されました。2階層で表示すると、内訳の小計が表示されます。



2階層表示での並べ替え

行エリアが2階層表示になっている場合、すべての項目について、各内訳単位で並べ替えたい場合があります。このとき、単純に「昇順」ボタンや「降順」ボタンをクリックしても、選択されているセルが含まれる内訳内しか並べ替えることができません。



この場合は、並べ替えの対象となるフィールドボタンを右クリックして、表示されたメニューの「フィールドの設定」をクリックします。



表示された「ピボットテーブルフィールド」ダイアログボックスで、「名前」が並べ替えたい項目であることを確認して「詳細」ボタンをクリックします。



表示された「ピボットテーブルフィールド詳細オプション」ダイアログボックスで、ここでは「自動並べ替えオプション」の「降順」をクリックし、「使用するフィールド」で並べ替えの基準となる項目(ここでは、「合計 / 金額」)を選択して、「OK」ボタンをクリックします。



「ピボットテーブルフィールド」ダイアログボックスの「OK」ボタンをクリックして作業完了。各内訳単位で、ピボットテーブル内が並べ替えられました。



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。