この記事では、一度作成したピボットテーブルのレイアウト変更の方法を詳しく紹介しながら、ピボットテーブルでの並べ替え操作についても解説します。ピボットテーブルの魅力である「直感的な操作」と「柔軟性」がポイントです。なお、ピボットテーブルの基本操作については「ピボットテーブルを作成しよう」をご覧ください。

レイアウト変更の基本操作

ピボットテーブルのレイアウト(行エリアや列エリア、データエリア、ページエリアへの要素の配置)は、簡単な操作で自由に変更できます。このレイアウトの柔軟性も、ピボットテーブルの魅力のひとつといえるでしょう。



要素名が表示されている部分を「フィールドボタン」と呼びます。このフィールドボタンをドラッグすることでレイアウトを変更します。この「移動したい場所へドラッグする」という操作方法も、直感的で分かりやすい操作です。



>それでは、実際に、ピボットテーブルのレイアウトを変更してみましょう。次ページへどうぞ!