セルに入力するデータを制限しよう」では、セルに入力するデータの種類や範囲を制限することによって、入力ミスを防いだり、入力されるデータを均質に保ったりする方法を紹介しました。この記事では、そのときに紹介できなかった入力規則のメッセージのカスタマイズ方法をまとめてみました。

カスタマイズできるメッセージは2種類


入力規則を設定したセルに正しくない(規則に違反している)データが入力されると、次のようなエラーメッセージが表示されます。



このエラーメッセージ。入力したデータが間違っていることはわかっても、「正しいデータ」が何なのかわからないのでデータを再入力できません。そもそも、データ入力した後に「入力できるデータが制限されている」とメッセージを表示するのではなく、データを入力する前に「入力できるデータの種類と範囲」を知らせた方が親切です。

実は、入力規則には2種類のメッセージが用意されています。

入力時メッセージ


入力規則が設定されているセルを選択したときに、ポップヒント形式で表示されるメッセージです。このメッセージを利用して「どのようなデータを入力するのか」を表示すれば、入力前に内容を確認できるので親切です。



エラーメッセージ


冒頭でご覧頂いたエラーメッセージは柔軟にカスタマイズできます。このエラーメッセージを、正しいデータが何なのかがわかるように修正します。タイトルやメッセージだけでなく、ダイアログボックスのアイコンとボタンも設定可能です。

※アイコンとボタンの組み合わせは決まっています。